「どんな請求書も仮想通貨払いが可能に」オーストラリアで取引所と請求書自動支払いサービスが提携

 オーストラリアの仮想通貨取引所コインツリーと請求書自動支払いサービスのゴッビルが新たな提携関係を発表し、ビジネス側が仮想通貨を受け入れているかどうかに関わらず、仮想通貨でどんな請求書の支払いも可能にするサービスを立ち上げた。20日にフィナンシャル・レビューが伝えた。オーストラリアにおいて仮想通貨支払いを経験をする人が増えるきっかけになるかもしれない。

 新たなサービスでは、ゴッビルが顧客から預かった仮想通貨を法定通貨にかえて請求書の支払いをする。ゴッビルはすでに顧客のカードや銀行口座から自動的に請求書を払うサービスを始めており、これに仮想通貨が加わる形だという。ゴッビルの共同創業者シェンドン・エワンズ氏は、次のように述べた。

 「未来を先取りして我々が目撃しているのは、あなたが好きだろうがなかろうが、これが我々の日常生活の一部になるということだ」

 ゴッビルは、オーストラリアの証券投資委員会(ASIC)から金融サービスのライセンスを取得。ゴッビルは3年前に設立されたばかりだが、去年は約1億ドルの請求書を処理するなど10倍の成長が見られたという。一方、コインツリーは、ビットコインの売買を簡単にすることを目的に2013年に設立。現在はイーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など40種類の仮想通貨の取引が可能で、アクティブなメンバーは6万人。これまで1億ドルの取引を処理してきたという。アンチマネーロンダリングやテロ組織への資金供与防止対策のためオーストラリア金融取引報告・分析センター(AUSTRAC)に登録済みだ。

 両社は今後、国外の規制当局からの承認を受けて、海外にもサービスを全面展開することを目指しているという。

参考記事
SECのビットコインETF延期は悲観しなくてよい?ファンドストラットのトム・リー氏に単独インタビュー【動画あり】
「1月ならビットコインは20%上昇していた」米アナリスト、ICEの新会社で仮想通貨市場に苦言
スターバックスのコーヒーがビットコインで買える?仮想通貨プラットフォーム「バックト」の意義とは