コインベース顧客が集団提訴 BCHのインサイダー取引で

 米国の仮想通貨取引所コインベースは、昨年12月のビットコイン キャッシュ(BCH)上場の際に、従業員らがインサイダー取引をして不当に利益を上げたとして、顧客から集団訴訟された。レコーダー・ローが2日に伝えた
 コインベースの顧客らが1日、カリフォルニア州北部地区連邦地方裁判所に提訴した。原告は、従業員らが不当に情報を漏洩したことにより、人為的に価格を高騰させたと非難。19日から21日にかけて金銭的被害を受けたと主張している。

 コインマーケットキャップによると、同コインの価格は12月18日は1865米ドルだったが、20日には4300米ドルに達した。不当な情報開示により価格が130パーセントも上昇した可能性がある。

Pic
 コインベースがビットコインキャッシュの上場を発表した12月19日、アームストロングCEOはブログを更新している。「本日19日にビットコインキャッシュの取引を開始する計画を発表したが、アナウンス開始前の数時間で、その他の取引所において同コインの価格が高騰した。この件を調査し、もし取引ポリシーに違反した従業員がいれば解雇することを厭わない」と説明し、問題に対処する姿勢を強調した。