コインベースのハードフォークプランは2xコインを認め、ビットコインゴールドを避ける

米最大の暗号通貨取引所コインベースはついに、ビットコインのハードフォーク案SegWit2xとビットコインゴールドについて公式見解を発表した。

同社は10月23日(月)に投稿された公式ブログで、レガシーチェーンのためにあらゆる状況の下でもBTCティッカーを維持する、と宣言し仮想通貨コミュニティーを驚かせた。

同社公式ブログによると 「フォークの後、コインベースは現在のビットコインブロックチェーンをビットコイン (BTC) と呼び、フォークしたビットコインをビットコイン2x (B2X) 呼ぶことになるだろう。

コインベースは他の取引所に比べハードフォークへの対応策の発表が遅く、この通知が発表されたのはビットコインゴールドがBTCから分割された日であった。

コインベースによると、このあまり周知されていないフォークは、「そのブロックチェーンが安全で価値があると証明された場合」にのみサポートされるということだ。

また同ブログ上で、「このフォークに関する情報は限られ、安全性と安定性についての懸念がある。」とし、「結果として、現時点でビットコインゴールドのサポートすることが安全だとは考えていない。」と述べた。

ビットコインゴールド (BTG) は現在、情報サイトであるコインマーケットキャップにプレリリーストークンとして記載され、本記事執筆時で1コイン当たり410米ドルの推定価値がついている。(注:本記事英語版作成時)

一方で、BTGのコードベースは不完全であり、GitHub上のオープンコミュニティアピールの後も未だ、リプレイプロテクションの欠如が対処されていない。

  • フォローはこちら: