伊藤忠など世界のコーヒー関連企業、IBMのブロックチェーン食品追跡システムでトレーサビリティ向上目指す

日本の大手商社、伊藤忠商事など世界のコーヒー関連企業は、追跡ツールを開発するファーマーコネクト社と連携して、IBMのブロックチェーン食品追跡システムでコーヒーのサプライチェーンを追跡をする。ファーマーコネクトが9月18日に発表した。サプライチェーンの効率化を目指す。2020年に公開するとしている。

ファーマーコネクトは、生産者から最終消費者までを追跡するツールを開発するスタートアップ。今回、世界最大手のコーヒー事業専門会社ジェイコブズ・ダウ・エグバーツやスマッカーズ伊藤忠などと協力し、コーヒーのサプライチェーン追跡に向け、IBMの「フード・トラスト・プラットフォーム」を活用する。

同プラットフォームには、コロンビアコーヒー生産者連合会(FNC)、伊藤忠商事、RGCコーヒー、ベイヤーズコーヒー、スイスのコーヒー貿易会社スカフィンなども参加する。伊藤忠の発表によれば、今回のファーマーコネクトの取り組みに参加する企業としては、伊藤忠が唯一のアジア企業という。

ファーマーコネクトはIBMと連携して、専用アプリ「サンク・マイ・ファーマー(Thank My Farmer)」を構築。同アプリを通じて、生産地や値付けなどコーヒー製品に関する情報を消費者に提供する。また伊藤忠によれば、アプリを通じて消費者から生産者に対してチップを送ることも可能になる

2020年の一般公開の前に、限定したメーカーに対してテストを実施する予定だ。アプリ公開後は、ココアなどコーヒー以外のコモディティにも拡大していくとしている。

IBMフードトラストのゼネラルマネジャーのラヘンドラ・ラオ氏は、ファーマーコネクトは、コーヒー産業に最適のプラットフォームになると自信をみせている。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版