ガス浪費NO1の中国系”詐欺”アプリ「フェアウィン」、仮想通貨イーサ残高がゼロに

イーサのガス(手数料)使用料No.1の中国系アプリ「フェアウィン」のウォレット残高がゼロになった。イーサスキャンのデータから明らかになった。フェアウィンには、ポンジスキームの疑いがかけられている。

ザ・ブロックによると、資金引き出しの前は約300万ドル(約3億2000万円)がフェアウィンのスマートコントラクトに入っていた。

フェアウィンは、最近のイーサのガス高騰問題の要因だ。過去30日のETHガスステーションによると、過去30日間で、フェアウィンがイーサライムのガス(手数料)を一番消費しており、テザーUSDよりも多い

また開発者からは、フェアウィンは「すべての資金を危険にさらす重大な欠陥を含んでいる」という指摘も出ている

【関連記事:仮想通貨イーサリアムの手数料高騰背景に中国系の「詐欺」ゲームアプリ

【関連記事:仮想通貨イーサ使った”詐欺”アプリのフェアウィンに「重大な欠陥」