1000億円分の仮想通貨ハッキングの背後に2つのグループ =チェイナリシス分析

2つのハッカーグループが仮想通貨ハッキングでこれまで10億ドル(約1090億円)分の仮想通貨を盗み取った28日付けのウォール・ストリート・ジャーナルがブロックチェーンのデータ分析企業チェイナリシスから共有されたレポートとして報じた。

アルファベータと呼ばれる2つのグループは、多くの仮想通貨詐欺に関与。アルファは、「巨大で厳しく統制された組織で少なくとも部分的には金銭目的で動いていない」。一方ベータは、「より小規模で組織化されていないが、厳しい経済制裁を受けておりお金に執着している」という。

またアルファは、盗んだ直後に送金をするのに対して、ベータは最大18ヵ月待ち、攻撃に対する関心が薄れるのを待って行動。換金のタイミングは、アルファが平均1ヵ月以内に約75%換金するのに対して、ベータは長い間待った後、数日以内に50%現金化するそうだ。ちなみに盗まれた資金は現金化される前に平均で5000回も送金されていたという。

チェイナリシスのチーフ・エコノミスト、フィリップ・グラッドウェル氏によると、2つのグループはおそらくまだ活動をしているという。ただ、今回の分析が不正確な可能性もあり、まだ2つのグループの正体を突き止めていないという。

グラッドウェル氏は、あまりに送金回数が多いことから、マネーロンダリング(資金洗浄)対策を行う規制された取引所でさえ、気づくのが困難と指摘した。