BMWやGM、ルノーなど、大手自動車メーカー参加のブロックチェーン研究がスタート

 世界最大の自動車メーカーのうち4社が、自動車運転を変革するための共同のブロックチェーン・プラットフォームを立ち上げたテッククランチが2日に報じた。

 モビリティ・オープン・ブロックチェーン・イニシアチブ(MOBI)には、BMWやGM、フォード、ルノーに加え、ボッシュやIBM、ハイパーレジャー、IOTAなど30以上の事業者が参加する新構想だ。

 参加メンバーは「ブロックチェーンとその関連技術を使い、移動をより安全に、環境に優しく、より手ごろなもににする」ことに焦点を当てると、MOBIの公式サイトでは述べている。

 MOBIは、自動車産業におけるブロックチェーンの事業体としては最大のものだ。それまでは、それぞれのメーカーがプライベートブロックチェーンのサービスを立ち上げたり、ハイパーレジャーの既存イニシアチブに参加したりしていた。

 MOBIの会長兼CEOのクリス・バリンジャー氏は「自動車メーカー、サプライヤー、スタートアップ、それに政府機関が結集することで、企業や消費者、コミュニティの利益となる応用が加速することができる」と述べた。

 MOBIが定義する役割は広範囲に及ぶが、自動車産業がブロックチェーンを導入することの可能性は疑う余地がないだろう。

 例えば、ダイムラーは3月、自身の仮想通貨モビコイン(MobiCoin)を立ち上げた。渋滞を避けるような行動をしたドライバーに報酬を与えるシステムを構想しており、現在は3か月間のテストを実施している。