カナダ投資業規制機構、仮想通貨規制に関する作業部会を設置

 カナダ投資業規制機構(IIROC)は、資本市場のエコシステムにおけるブロックチェーンの活用に対する規制について提言を行う作業部会を設置した。IIROCが25日に公表した19年度目標の中で明らかたにした。

 IIROCは、投資家の保護および健全な国内資本市場の支援のための対策を提案することにより、公益の追求を図る非営利自主規制団体。IIROCは、来年度におけるビジョンと優先課題の一環として、ブロックチェーン技術やブロックチェーンに関連する仮想通貨などの分野の出現に伴う問題について概説した。

「ブロックチェーン技術の潜在用途は、資本市場を支えるエコシステムそのものを劇的に変えうる段階にある。仮想通貨などのデジタル資産は...潜在的な直接・間接投資、あるいはイニシャル・コイン・オファリング(ICO)や仮想通貨取引所などの形で、資本市場に多大な影響をすでに与え始めている」

 IIROCが新たに設立するワーキンググループは、「急激に進歩している」仮想通貨分野や、既存の金融秩序における「変革の影響」に「迅速に対応する」ため、新たなイノベーションに関する知識の構築に焦点を当てる。また、カナダの他の規制機関やステークホルダーとも連携しながら「一貫した」規制戦略の策定を目指す。

 カナダ政府は今月初め、仮想通貨取引所および決済処理機関に対する新たな規制の草案を正式に発表し、マネーロンダリング対策(AML)とテロリストへの資金供与阻止(ATF)の体制を強化する方針を明らかにした。

 カナダ中央銀行は、証券決済のための大規模なブロックチェーン実証試験「ジャスパー計画」に16年から取り組んでおり、現金と資産をトークン化し、即時の交換を可能にするシステム開発を目指している。

 カナダ中央銀行幹部は今月初め、ジャスパー計画の潜在的利点に疑問を呈し、「現段階では、従来型の中央銀行システムと比較してコスト削減の効果があるとはいえない。ハッキングなどの運用上のリスクが発生する恐れがある」と述べた。