仮想通貨取引所ビットポイントジャパン、サービス停止中の成約処理注文の返金を開始

7月に仮想通貨の不正流出があった仮想通貨取引所ビットポイントジャパン(BPJ)は11日、7月12日10時30分以降から各サービスの再開時点までに成約した現物取引注文やレバレッジ取引注文を対象に、12日から返金を開始すると発表した。

顧客に不利な価格で成約処理があった注文について、サービス再開時点でのBPJの提示レートの仲値を基準にして成約価格との差額を入金するとしている。

bpj(出典:ビットポイントジャパン「サービス再開時点における弊社の提示レートの仲値」)

店頭仮想通貨証拠金取引サービスでの建玉管理料とスワップ料も返金する。

BPJは8月にサービス再開に関するスケジュールを公開。10月中旬頃までに仮想通貨の受金(預入)サービスを再開する予定だ。

【関連記事:仮想通貨取引所ビットポイントジャパン、あすから法定通貨の入出金を再開