ブロックストリーム社のモバイルウォレットに仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「リキッドネットワーク」が対応

ブロックチェーン開発企業のブロックストリーム社は5日、モバイルウォレットの「グリーンウォレット」に、仮想通貨取引所・ブローカー・金融機関などを接続し、取引所間決済ができる「リキッド(Liquid)ネットワーク」への対応を発表した。1日にはリキッドネットワークで対応している全ての資産に対し、「アトミックスワップ」を実行できるツールをGitHub上で公開していた。

【関連記事:仮想通貨ビットコインのサイドチェーン「リキッドネットワーク」、第三者仲介なしで異なる仮想通貨を直接取引できるツールを公開

発表によると、ユーザーはウォレットにBTC裏付けのリキッドビットコイン(L-BTC)、『発行資産(Issued Assets)』の保有、送金、受取ができるようになるという。

リキッドネットワークは、仮想通貨取引所・ブローカー・金融機関などを接続し取引所間決済を行えるネットワークとして機能する、ビットコイン(BTC)のサイドチェーン

L-BTCに加えて、リキッドはステーブルコインや証券など、他のトークン化アセットのサポートも実施する。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版