ブロックチェーンブラウザのブレイブ 米新興メディアのチェダーと提携

ブロックチェーンベースのウェブブラウザ、ブレイブ(Brave)は、米映像ニュースメディアのチェダー(Cheddar)と提携した。チェダーが展開するプレミアムコンテンツをブレイブのユーザーが一定期間無料でアクセスできるようにする。29日にプレスリリースで発表した。

発表によれば、ブレイブのユーザーはチェダーのサイトにアクセスすれば、自動的にプレミアムコンテンツにアクセスできる。無料でアクセスできるのは3ヶ月間。チェダーのジョン・スタインバーグCEOは「チェダーのユーザーは仮想通貨に夢中だ」と語り、今回の提携でブレイブのユーザーコミュニティとの間で相乗効果があると指摘する。

ブレイブはMozilla共同設立者のブランダン・アイク氏が設立。2017年6月に行ったICOでは、3500万ドルを調達した。ブレイブのブラウザはプライバシーを重視し、広告表示やトラッキングを制限。独自の仮想通貨BATを用いたトークンエコノミーも導入している。

モバイルとデスクトップの両方でサービスを提供し、月間のアクティブユーザー数は550万人にのぼるという。ブレイブのブラウザはHTCが製造するブロックチェーン携帯「エクソダス1」にもデフォルトでインストルールされている。

チェダーは米バズフィード元社長のスタインバーグ氏が16年に創業した新興メディアの1つ。経済・テクノロジーにフォーカスした映像ニュースを配信している。