”アルトコイン大量出国” 米仮想通貨取引所ビットトレックスがバイナンスに続く ドミノ効果なるか?

米シアトルに拠点に持つ仮想通貨取引所ビットトレックスバイナンスに続いた。15日、米国利用者向けの利用規約を更新し、以下の仮想通貨は6月28日以降は取引できなくなると発表した。

(出典:Bittrex

6月28日以降、米国利用者は、取引はできないものの出金と保有に関しては「ビットトレックス ・インターナショナルがサポートする限り」可能となる。一方、ビットトレックス・インターナショナルにおける米国以外の利用者は影響を受けない。

14日、バイナンスが9月以降に米国の利用者をブロックすると発表。ほぼ同時に発表したバイナンスUSがどこまで対応するかは未知数であるものの、アルトコインに対して逆風になるという見方が出ている。

【関連記事:米国の仮想通貨トレーダー、9月から多くのアルトコイン取引が困難に XRP(リップル)など”ベテラン”は問題なしか

今後、他の取引所も追随しドミノ効果となりえるのか?ほぼ知られていないアルトコインは投げ売りされる可能性があるという見方も出ている