仮想通貨取引所ビットスタンプ、巨額ビットコイン売り注文の調査を開始|ビットメックスのロングポジション清算につながったとの報道も

仮想通貨取引所ビットスタンプが、17日に起きたビットコインの大量の売り注文について調査を開始した。ビットスタンプでは17日正午ころに5000BTCの売り注文がでたと見られており、一時ビットコインが30分ほどで7800ドルから6200ドル付近まで急落。他の取引所のビットコイン価格も下落した。

【関連記事:仮想通貨ビットコイン、30分で20%以上急落 ”フラッシュクラッシュ”は計画犯?それともビットフィネックス?
BTC/USD chart on Bitstamp on May 17

出典: TradingView 17日のビットコイン/米ドルのチャート(ビットスタンプ)

ビットスタンプは、大量の売り注文の詳細を明かしていない。

また、The Blockによると、ビットスタンプでの売り注文は、仮想通貨取引所ビットメックスにおける2億5000万ドル(約275億円)のロングポジションの清算につながった。これが17日の仮想通貨相場のさらなる下げ要因になったという。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版