「我々は信用されている」仮想通貨取引所ビットフィネックスCTO、プライベートセールで10億ドル調達と正式に認める

巨額資金の損失隠蔽疑惑に揺れる仮想通貨取引所ビットフィネックスのパオロ・アードイノCTOが13日、計画通りイニシャル・エクスチェンジ・オファリング(IEO)で10億ドル(約1110億円)相当を調達したと発表した

ビットフィネックスは、独自トークンのレオ(LEO)を発行して10億テザー(USDT)を調達。調達に要した期間はたったの10日間だという。提携先の決済企業であるパナマのクリプトキャピタルで凍結されている8億5100万ドル(約953億円)の補填に使うとみられている。

【関連記事:仮想通貨取引所ビットフィネックス、IEOで10億ドル資金調達する計画を正式発表

IEOは、トークンを使った資金調達の一種。ICO(イニシャル・コイン・オファリング)と異なり、取引所の利用者しか売買できない仕組みだ。

また、今回の資金調達はプライベートセールのみで行われた。

アードイノCTOは、短期間でプライベートセールで10億ドル相当の資金調達ができた理由について、次のように述べた。

我々は信用されている。(中略)彼らは業界全体のために我々に戦い続けて欲しいと思っている

ビットフィネックスは、先月末、8億5100万ドル損失補填の為、7億ドル(約784億円)のテザーを使っていたとしてニューヨーク州の司法長官から訴追された。一方、ビットフィネックスはこれに反論。損失したわけではなく差し押さえられていると述べた