【速報】ビットポイント、流出した仮想通貨は現物補償か|海外の取引所からも流出確認

リミックスポイントは子会社で仮想通貨交換業を営むビットポイントジャパンで発生した仮想通貨の不正流出事件について続報を出し、仮想通貨の流出額は約30億2000万円だった明かした。また、流出した仮想通貨について現物で補償できる体制が整っていることを伝えた。

ビットポイントからの流出額は約30億2000万円。そのうち顧客の分は約20億6000万円、ビットポイント保有分が約9億6000万円(換算レートは2019年7月11日16時時点の価格)と発表した。どの仮想通貨がどれだけ流出したかについては明らかにしていない。

また、顧客から預かっている仮想通貨の全種類(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、イーサリアム、 ライトコイン、リップルの5銘柄)及び全量につき、「流出分相当の仮想通貨を調達するなどして、既に保有しております」と言及。現物での補償体制も整っていることを示した。

顧客が預かっている法定通貨については流出していないという。また、海外でも約2億5千万円分流出したことも明らかにした。

今後のサービス再開については、「外部専門家の協力も仰ぎながら原因の究明、再発防止策の構築、経営管理態勢の見直し等を可及的速やかに行い、事業の継続に努めてまいります」とした。

ビットポイントジャパンは12日に仮想通貨の不正流出が起きたことを発表。当初は流出額は35億円と概算していた。

【関連記事:仮想通貨取引所ビットポイントにハッキング 不正流出額は35億円

流出した仮想通貨の補償体制が万全であることを利用者に示すことで、仮想通貨市場に対して前向きなメッセージを出せるという見方も出ている

【関連記事:FRB議長、トランプ、ビットポイントのハッキング…”トリプルパンチ”で仮想通貨ビットコインは今後どうなる?|金融庁の信用リスクも