仮想通貨取引所ビットメックスのヘイズCEO、オプション取引を始める計画を明かす

100倍レバレッジで有名な仮想通貨取引所ビットメックスのアーサー・ヘイズCEOは、中期的に仮想通貨のオプション取引を始める計画があることを明かした。21日にVenture Coinistとのインタビューの中で明かした

オプション取引は、将来のある時点で資産をあらかじめ決められた価格で買う(売る)権利を売買することだ。ヘイズCEOは、「今後12~18カ月の間に独自のオプションプファットフォームを持ちたい」と話した。

ビットメックスは2014年に設立。最近では1日の取引高が11億ドルに迫る時もあり、取引高で世界有数の取引所となっている。ただ、デリバティブ取引専門の取引所であるので、コインマーケットキャップのランキングには入っていない。

ヘイズ氏は、同じインタビューの中で、ビットコインが年末までに1万ドルになる根拠について詳しく解説。また、中長期的には「金融プライバシー」がビットコインを語る上で重要になるという見方を明らかにした。

【関連記事:現代金融理論、ウーバーIPO、そして仮想通貨 ビットメックスCEO ビットコイン1万ドルの根拠を解説。長期では金融プライバシーが焦点

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版
原文 BitMEX CEO Arthur Hayes Reveals Plans to Open Crypto Options Platform