仮想通貨(暗号資産)取引所ビッサム(Bithumb)によると、260万ドル(約2.7億円)相当の取引手数料が発生した0.55イーサ(ETH)は、最終的にビッサムのウォレットに行きついた。

ミスかマネーロンダリングか?

6月10日に誰かが10,668.73ETHのガス(手数料)を支払って、あるウォレットから別のウォレットに134ドル相当のイーサを移動させた。一般的なガス価格は足元では0.34ドルだ。最も自然な仮定は、送信者がミスを犯したというものだろう。

送信者が誰かはわかっていないが、トランザクションのブロックをマイニングしたマイナーであるSparkPoolは、何が起こったのかが判明するまで、その手数料を凍結した

コインファーム(Coinfirm)の広報担当者は、これが不幸な事故である変わりに、誰かが精巧な計画を通じてマネーロンダリングをした可能性があると指摘している。いずれにしても、これはSparkPoolがこれまで経験したことのない最大の取引手数料の流入となった。

出典. Crystal. SparkPoolのトランザクション

ビッサムの広報担当者は、受信者のアドレスがそのクライアントの1つに属しており、トランザクションの0.55ETHがビッサムのコールドウォレットに移動したことと、コインテレグラフに明らかにした。

この取引に関する詳細な情報が入り次第、続報を伝えたい。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン