「いつかビットコインは1億円つける」IBMのブロックチェーン担当|仮想通貨XRPなどとの提携にも言及

IBMのブロックチェーンとデジタル通貨部門のジェシー・ルンド氏が20日、最終的にビットコイン(BTC)は100万ドル(約1億1000万円)をつけるという見方を示した。

今年の大晦日にビットコインはいくらか問われたルンド氏は、「5000ドルだと思う」と回答。次のように続けた。

いつかビットコインは100万ドルをつけると思うよ

ルンド氏は「その数字が好きだ」と説明。もしビットコインが100万ドルをつければ、1サトシが米ドルの1セントと同じ価値になると述べた。1サトシは1億分の1ビットコインに相当する。

また同氏は、もしビットコイン100万ドルをつければ、ネットワーク全体の流動性は20兆ドルを超えると指摘し、そうなれば企業による支払いのあり方が変わるだろうと話した。逆に言えば、そのくらいの値をつけたことには、社会に大きな変化があるということだろうか。

今後のIBM

またルンド氏は、IBMは様々なデジタル資産プロジェクトの提携を考えていると指摘。「クロスボーダー(国境を超えた)での支払いを可能にする決済手段を提供できる様々なデジタル資産をもったエコシステムが存在するべき」とし、「そこでの参加者はリアルタイムで選択肢を選べるべきだ」と主張。次のように述べた。

「(エコシステムに入るのは)リップルかもしれないし、XRPかもしれない、ビットコインかもしれない。しかしステーブルコイン のように他の手段も含めるかもしれない。(希望を言えば)中央銀行発行のデジタル通貨かもしれない」

その上で、IBMの決済ネットワークとリップルの決済ネットワークであるリップルネットとの違いについて、IBMは自分たちのトークンに頼っていないと指摘した。