単純計算で3万5000ドル?仮想通貨ビットコインの半減期で大胆予想【ニュース】

今年5月に推定されている半減期によってビットコイン価格が3万5000ドル近くまで上がるという大胆予想が出現した。

ビットコインの半減期は今回で3回目。ツイッターフォロワー数が15万人近くいる仮想通貨インフルエンサーCrypto₿ullは、1回目の半減期である2012年11月から2回目の2016年9月までにビットコイン価格は5333%上昇した指摘。2回目の半減期から単純計算で5333%をプラスして、今回は3万4838ドルまで上がると述べた。

ちなみに2回目の半減期から現在まで1338%上昇している。

半減期では、ブロックを作成するマイナーに対する報酬が半減される。供給量が減ることからプラスには上昇圧力とみられるが、マーケットがすでに織り込み済みかどうかをめぐって専門家の間で意見が分かれている。

Crypto₿ullは、前回も半減期の4ヶ月前に「織り込み済みだ」という声が出ていたと指摘ちょうど直近の底から200%上昇した後で伸び率が弱まっていた時期だったと振り返った。論より証拠とばかりにCrypto₿ulは「その後数ヶ月にどうなったか」ビットコインのチャートを動画で掲載した。

【関連記事:盛り上がるビットコイン半減期論争 コインメトリックスが新たな理論

【関連記事:ビットコイン半減期で価格上がらない可能性「かなり現実的」=仮想通貨資産マネジメントCSO

【関連記事:個人投資家の爆発、ビットコイン半減期がきっかけになるか?グーグル・トレンドはポジティブ

【関連記事:仮想通貨ビットコインの半減期効果「もう織り込まれている」米ヘッジファンドパートナーが発言【独自】

【関連記事:仮想通貨ビットコインの半減期で具体的な予測最大68億円分の売り圧力減か

【関連記事:バックトの勢い止まらず 11月のビットコイン先物、早くも月間過去最高を更新