【速報】ビットコインSV、100%超の爆騰 時価総額でビットコインキャッシュを抜く【仮想通貨相場】

2018年11月にビットコインキャッシュのハードフォークから生まれたビットコインSV(サトシ・ヴィジョン)が15日朝、時価総額でビットコインキャッシュを抜いた。

コインマーケットキャップによると、ビットコインSVは時価総額ランキングで4位に浮上。前日比で100%以上のプラスとまさに爆騰状態となっている。ビットコインキャッシュは26%超の上昇となっている。

ビットコインSV急騰の要因は明らかになっていないが、ビットコインSVを率いるクレイグ・ライト氏の裁判をめぐる思惑買いがある可能性がある。

ビットコインSVは、2018年11月16日にビットコインキャッシュからハードフォークした

ハードフォークの際に、ビットコインキャッシュを率いるロジャー・バー氏とライト氏が激しく対立。「くたばれ」と言った発言も飛び出し、お互いに遺恨を残す形となった

ビットコインキャッシュのハードフォーク騒動が、2018年末からの仮想通貨冬の時代の契機になったと見る専門家もいる。

その後、ビットコインSVは、ライト氏が業界関係者を名誉毀損で訴える構えを示したことなどから、バイナンスやクラーケンから上場廃止となった。

ただ最近では、米マーケット調査会社ファンドストラットが「ビットコインSVが長期的にエンタープライズ市場で優位性を持っているかもしれない」とするレポートを出すなど、その価値を見直す動きも一部で出ている。

【関連記事:【正式発表】バイナンス、仮想通貨ビットコインSVの上場廃止を決定|ビットコインキャッシュは高騰

【関連記事:ビットコイン、2ヶ月ぶりに8500ドル回復|BSV急騰は裁判めぐる思惑買いか