ビットコインSVのハードフォークが成功 ブロックサイズが拡大

仮想通貨ビットコインSV(BSV)は7月24日、ブロックサイズの拡大に成功し、ハードフォークが完了した。

実施時間予告については混乱があった。ビットメックス・リサーチは7月24日にツイッターで、フォーク予定は午後2時UTC(日本時間午後11時)だが、ビットコイン・アソシエーションのウェブサイトでは午後1時(日本時間午後10時)、ネットワークのアップグレードのコードそのものは午後2時と示していると述べていた。

ビットメックスは、フォークの実施を注意深く見守り、2つのノードの一方のみがアップデートされる様子を同社のウェブサイト「フォークモニター」で公開中継した。午後2時UTCから16ブロック後、ビットコインSVは、以前の128メガバイトより大きいブロックをマイニングした。

145.7メガバイトのブロックが確認され、アップデートされなかったノードは他の残りのブロックチェーンと同期せず、フォークが成功した。

BSVは、2018年11月にビットコインキャッシュ(BCH)からハードフォークした仮想通貨。ビットコインの創設者「サトシ・ナカモト」を自称するクレイグ・ライト氏が主導している。

 

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版