仮想通貨(暗号資産)ビットコイン(BTC)が新たな記録を打ち立てたようだ。

様々なアナリストや著名なビットコイナーが指摘したように、ビットコイン価格は史上最も長く1万ドル以上の終値を推移していることがわかった。

ポンプ:ビットコインが弱気という間違いを証明

モルガン・クリーク・デジタルの共同創設者であるアンソニー・ポンプリアーノ氏(通称:ポンプ)はビットコインは現在63日間、1万ドル以上を推移していることを指摘した。

これは1万ドル以上を推移している史上最も長い期間であり、ビットコインの弱気のケースを弱めるものだと主張した。

「親愛なるビットコイン嫌いの皆様。ビットコインは1万ドル以上の記録的な63日間を連続して過ごし、さらに上昇する兆しを見せています。」と9月28日にツイート。さらに以下のようにコメントした。

「弱気だということを間違っていると、マーケットが証明している。降参してパーティに参加する時間は常にあるよ。愛を込めて。ポンプ」

(出典:トレーディングビュー「BTC/USDの2ヶ月間の日足チャート」)

CMEギャップの呪縛を解かれるか?

ビットコインはここ数週間ほど、最近の高値である12500ドルから安値である9800ドルを推移している。しかし、ビットコインは1万ドル以下の終値を回避してきた。

現在ビットコイン価格は10000ドル〜11000ドルのレンジで動いており、11000ドルを上抜けようとする際に反落している。

コインテレグラフに寄稿する仮想通貨アナリストであるマイケル・ファン・デ・ポッペ氏を含む一部のアナリストは下落リスクについて、シカゴ・マーカンタイル取引所(CME)のギャップである9600ドルを指摘してきた。ただ最近の下落は9800ドルで止まっており、9600ドルのギャップを埋めることに失敗した。

しかし当面の間、大きな下落は無いかもしれない。

デ・ポッペ氏は28日に「非常に退屈な市場だったが、10800ドルを突破することはできなかった。10600ドルを失って、私は10400ドルをターゲットにする」と発言した

デ・ポッペ氏は11000ドルを再びテストする前に10400ドルの下落があると予想しているようだ。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン