ビットコイン、8000ドル付近に後退 トランプ大統領はさらなる軍事行動示唆せず【仮想通貨相場】

トランプ大統領の声明を受ける形でビットコインの価格は一時8000ドルを下回った。

9日未明、トランプ大統領が、イランによるミサイル攻撃に対して声明を発表。イランは米国との対立悪化を避けたいようだと述べ、さらなる軍事行動を示唆しなかった。8日のビットコインは、イランのミサイル攻撃を受ける形で一時8400ドルを突破。安全資産として需要が高まったという見方が出ていた。

(出典:Coin360「ビットコイン/米ドル(1日)」日本時間1月9日6時10分時点)

トランプ大統領は「イランは身を引き始めているようだ。関係者全員にとって良いことだし、世界にとってとても良いことだ」と主張。事態が終息に向かっていることを示唆した。

また、イランのミサイル攻撃による米国人の死傷者はいなかったことも明かした。

トランプ大統領の発言を受けて、米国の株価は上昇。原油と金(ゴールド)は下落した。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン

【関連記事:イラン外相「我々は戦争を望んでいない」|トランプ大統領は今夜声明発表へ

【関連記事:本当にビットコインはイラン情勢に反応しているのか?著名テクニカル分析家が意味深ツイート

【関連記事:【速報】イランが米国本土やドバイ、イスラエル攻撃を脅迫|仮想通貨ビットコイン上昇、金1600ドル突破

【関連記事:【速報】イラン、イラクの米軍駐留基地にミサイル攻撃=報道|仮想通貨ビットコインは上昇

【関連記事:「イランと戦争になればビットコインはムーン」安全資産説が復活