セグウィット利用のビットコイントランザクションが急増|全体の66%に【ニュース】

セグウィット(SegWit)技術を使ったビットコイン(BTC)トランザクションが増加している。SegWit.Spaceによると、1月4日時点で、ビットコインのトランザクション全体の66%に達したとみられる。

セグウィットを利用したビットコイントランザクションは、2019年9月の約40%から10月に60%に急増していた。SegWit.Spaceは現在66%としている。一方で、transacationfee.infoWoobullといった他のチャートは、仮想通貨市場分析を行う著名アナリストのウィリー・ウー氏からのデータで、現在約59%としている。
Bitcoin network SegWit transaction growth

参照:SegWit.Space

 

ビットメックス先月、Segwit(セグウィット)のBech32形式アドレスをサポートしたと発表しており、こうした増加に貢献したと考えられる。

一方で、取引量で世界最大の仮想通貨取引所バイナンスは、まだアップグレードしていない。

翻訳・編集 コインテレグラフジャパン