米主流経済番組でも半減期が話題 仮想通貨ビットコイン5万5000ドル予想で議論

米経済番組CNBC「スクアック・ボックス」の司会者ジョー・カーネン氏が再び、ビットコイン支持派から称賛されている。

カーネン氏は29日、半減期推定されている来年5月にビットコインが5万5000ドルをつけると予想した。カーネン氏の根拠は、PlanBが計算した需給のモデルに基づいているとみられる。このモデルによると、来年5月にはビットコインの時価総額が1兆ドルになり、ビットコインの価格が5万5000ドルになる。

CNBCといえば、ウォール街の金融関係者が毎日欠かさずにみるマーケット番組。その中で、CNBCの社員であるカーネン氏が半減期という言葉を出してゲストと議論をしたことは大きなインパクトがあった。

カーネン氏は以前、リブラは仮想通貨ではないとする一方でビットコインを称賛し、一部では「ビットコイン・ジョー」と呼ばれるようになった。

【関連記事:米CNBCのベテランジャーナリスト、ビットコイン支持派から”神扱い”される 「リブラは仮想通貨でない」発言後

今回も、ビットコンの半減期に関する知識をCNBCでお披露目しているといった称賛の声が集まっている。