仮想通貨ビットコイン、未明に600ドル急落 ビットメックスでの清算、CMEの期日など指摘の声

8月29日の未明、ビットコインが600ドル近く急落した。現在、1万ドルを下回り、9700ドル付近で推移している。仮想通貨アナリストの間では、100倍レバレッジで有名なビットメックスでのポジション清算や米シカゴ先物市場(CME)での期日を指摘する声も出ている。

(出典:Coin360「ビットコイン/米ドル(1日)」)

仮想通貨教育者のBoxminingは、ビットメックスで1億5000万ドルのロングポジションが清算されたと指摘している。

また、仮想通貨アナリストのジョセフ・ヤング氏は、CMEのビットコイン先物の期日が迫っていると指摘。「CMEは多くのトレーダーが予想するより高い取引量を誇ってきた」と述べた。

CMEビットコイン先物の期日がビットコイン価格に影響を与えるかどうかについては、議論が続いている

【関連記事:まもなくCMEビットコイン先物の期日 過去最高の取引高が与える仮想通貨相場への影響に警戒の声も

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版