5月21日 仮想通貨チャート分析:ビットコイン イーサ ビットコインキャッシュ リップル ステラ ライトコイン カルダノ トロン イオス

ここに示した見方や意見は著者単独のものであり、コインテレグラフの考えを必ずしも反映するものではありません。リスクを含むトレードや投資の際には、自身で調査を行ったうえで判断するようお願いいたします。市場データはHitBTCから提供されています。

 次に仮想通貨市場が急上昇する時は、機関投資家が参入した時だろう。既存のオペレーターは、機関投資家向けの商品を改善しはじめた。コインベースは銀行のライセンスを取得しようとしているとの噂もある。これは大口顧客を惹きつけるだろう。

 仮想通貨のポテンシャルに気がつき、ベンチャーキャピタルは投資を増加しようと足固めをしている。スナップチャットに投資するライトスピードは、仮想通貨市場に参入したVCの最新の例だ。このほか、コムキャストベンチャーやロックフェラー家のベンロックなどが仮想通貨市場に積極的に参入しようとしている。

 仮想通貨市場の時価総額が低下する中で、機関投資家の興味が上がってきたことは興味深い。小口投資家はこれを考慮に入れるべきだろう。ネガティブなニュースに左右されず長期的な目的による投資を考えてみるのも良いだろう。本日のチャートを見てみよう!

BTC/USD

 今日は長期的な観点からビットコインを考察してみよう。昨年の大幅上昇の後、ビットコインは6075.04ドル〜1万2172.43ドルの広いレンジ内の取引が続いている。
今年3月以来、移動平均線はお互いに十字交差している。これは現在はトレンドがないことを示している。

BTC/USD

 この大きいレンジの中で、小さいレンジが形成されつつある。このレンジのレジスタンスは1万ドルで、サポートは7941.68ドルにある。
それゆえ、トレーダーはBTC/USDペアがサポート付近の7941.68ドルでロングを建てて良いだろう。適切な所にストップロスを置こう。ターゲット目標は1万ドルへの上昇だ。
この取引は価格がサポートを下回り、すぐに反発しない場合は無効になる。このような状況では、ポジションを閉じるべきだ。この下降局面では次のサポートは7000ドルになるだろう。

ETH/USD

 イーサリアムは調整を終え、V字ボトム型を形成した。我々は745ドルを上抜けた時、新しいトレンドが始まると予想したが、高いレベルで売りが起き、価格は637ドルまで下落した。弱気の逆三尊型を形成したが、終値はネックライン下にはならなかった。

ETH/USD

 ETH/USDペアは強気に見える。過去数日間、直上のレジスタンス付近で値固めをしつつある。745ドルを上抜けたら、新しいトレンドが始まり、1000ドルへ上昇するだろう。その間には小さなレジスタンスが838ドルにある。

 我々の強気の見方は50日SMAを下抜けた時に無効になる。そのような下降局面では、418ドルまで下落するだろう。その間の小さなサポートは544ドルと464ドルにある。

XRP/USD

 今年2月以来、リップルは幅広いレンジで取引されている。レンジを下抜けようとする動きは3月下旬にあったが、売りはさらには起こらずに、レンジ内に再び戻った。その後の反発の動きは、レンジの上側である1.22961ドルに届かなかった。高いレベルでの買いが起こらなかったのだ。

XRP/USD

 現在、価格は再び両移動平均線の下回っている。RSIは40レベルに近く、これはネガティブなサインだ。クリティカルなサポートである0.56 ドルへの下落もありえる。

 弱気の見方は、XRP/USDペアが反発し、0.75ドルを維持できたら無効になる。価格がサポートを発見するまで、取引のアドバイスは待つことにしよう。

BCH/USD

 ビットコインキャッシュは直上のレジスタンスである1600ドルを5日に上抜けた。しかし高いレベルで維持することはできなかった。10日になり、レンジ内に再び戻り、50日SMAまで下落した。今は逆三尊型を形成しており、このターゲット目標は650ドルだ。

BCH/USD

 通常、レンジ内で直上のレジスタンスを上抜けるのに失敗した後、価格はレンジのサポートまで下落する。それゆえ、BCH/USDペアは低いレベルへスライドし、50日SMAを下抜けるだろう。

 弱気な予想は20日EMAを上抜けし、それより上で維持できた時に無効になる。1600ドルを再び上抜けた時、ロングを構築しよう。現在のレベルでは、買いのアドバイスはしないでおく。

EOS/USD

 イオスは50日SMAのサポートにある。これは最近のラリーのフィボナッチリトレースメントの61.8%レベルに近い。上昇局面では、弱気筋が20日EMAを守っている。向こう数日以内に、20日EMAと上昇チャネルを上抜けるか、50日SMAを下抜けるかするだろう。

EOS/USD

 EOS/USDペアが14.5ドルレベルを上抜け、維持できた場合、トレーダーはロングを構築して良い。最初のストップロスは最近の安値におこう。ターゲット目標は18.67ドル以上だ。もし、価格が上抜けた後に再びチャネル内に戻ったら、弱気のサインであり取引は閉じるべきだ。

 50日SMAを下抜けた場合、10ドルレベルにまで下落する可能性がある。その間は16日安値の11.821ドルがマイナーなサポートになる。このチャネル内ではトレードを控えよう。

LTC/USD

 ライトコインは、12月19日に高値をつけて以来、低いレベルでの取引が続いている。買いは高いレベルでの購入を避けている証拠だ。

LTC/USD

 LTC/USDペアは弱気の下降トライアングルを形成している。クリティカルサポートの107ドルを下抜けた時、これが完成するだろう

 127ドルレベルで買い支えが起こっている。これを下抜けた場合、115ドルレベルへの下落もありえる。価格は両移動平均線を下回り、RSIは50以下となっている。

 弱気の見方は、閣下うが移動平均線を上抜け、維持できた時に無効になる。

ADA/USD

 本日からADA/BTCではなく、ADA/USDペアの分析を提供する。カルダノもまた値固めをしている。主要なレジスタンスは0.436956ドルにあり、チャートで示す通り、2回ともそこから下落している。このレベルを超えられた時は、新しい上昇トレンドの始まりだと考えていい。それまではカルダノはレンジバウンドの動きに留まるだろう。

ADA/USD

 現在、ADA/USDペアは0.23ドルレベルでサポートを見つけようとしている。このレベルを維持できれば、トレーダーは0.30ドルで買っても良い。その時のターゲット目標は0.4ドルだ。ストップロスは最近安値に設定しよう。

 0.23ドルのレベルを下抜ければ、レンジの下辺まで下落する可能性もありえる。

XLM/USD

 ステラはヘッドアンドショルダーのネックラインから上昇したが、現在、ダウントレンドラインと50日SMAのレジスタンスに直面している。ネックライン下で終値(世界標準時)をつけたら、0.2ドルレベルへの下落もありえる。

XLM/USD

 XLM/USDペアが20日EMA上を維持できたら弱気な見方は捨てて良い。この動きは直上のレジスタンスである0.47766719ドルへの上昇に繋がるだろう。

 現在はポジション構築のアドバイスはしないでおく。

TRX/USD

 TRXは、他のアルトコインが苦戦している中で健闘している。現在は両移動平均線の上で取引されており、これは強気のサインだ。時価総額で現在9位に位置しており、今回の分析に加えた。

TRX/USD

 今年の1月中旬から、ボトムフォーメーションをしつつある。直上のレジスタンスである0.09229053ドルを上抜け、終値をつけた時に完成するだろう。このレベルから価格は1月中旬と3月中旬に下落した。ブレークアウトの最目標は0.1607ドルだが、これより高くに行くと予想する。

 TRX/USDペアは直上のレジスタンスを上抜け、維持することはできなかった。20日EMAで調整するだろう。ブレークアウト、もしくはリトレースメントを待ってから、ロングを勧めることにしよう。

  • フォローはこちら: