仮想通貨ビットコイン、 ”採掘難易度の底”から37万ドル予測も

ビットコイン(BTC)の採掘難易度(ディフィカルティー)を使った価格予想が仮想通貨業界で話題になっている。

ツイッターアカウント名PlanBParabolicTravが「ビットコイン価格/採掘難易度が底をついた時のビットコイン価格」を元に共同作成したグラフによると、歴史的に採掘難易度が底をついた時(マイナーの降参時)に強気相場が始まっている。

(出典:PlanB「採掘難易度の底」)

PlanBは、採掘難易度の底は2011年12月(4.6ドルの時)と2015年5月(230ドル)、2018年12月(3691ドル)の時につけたと指摘。その後のそれぞれの強気相場で価格のピークは底から100倍の地点まで上昇しているため、今回も過去の傾向通りにいけば37万ドル(約4000万円)まで上がると予想した。

ビットコインの採掘難易度は、10分に1回のブロック生成を維持するため2週間ごとに変更される。一般的に、ネットワークに参加するマイニングのパワーが小さければ、採掘難易度は下がる。一方、ネットワークへの参加が増えれば、採掘難易度は上昇しする。

訂正 7月27日 17時42分

今回の強気相場のピーク予測を3万7000ドルとしていましたが、正しくは37万ドルです。お詫びして訂正いたします。