ビットコイン投資でもドルコスト平均法が「最善の戦略」 仮想通貨ファンド創設者「8000ドル未満なら買いの機会」【ニュース】

仮想通貨投資プラットフォーム「ルナ―(Lunar)」や仮想通貨ファンド創設者のジョエル・バーチ氏は、ビットコインが8000ドル未満になれば、買いの機会になると考えている。また将来的にビットコイン価格が2万ドルになるとの予測も披露した。フォービスが23日にバーチ氏へのインタビュー記事を掲載した。

バーチ氏は、仮想通貨を底値で買い、高値で売るのは良い戦略であると考えていないと説明した。

その代わりに、ドルコスト平均法こそが「最善の戦略だ」と強調する。これは投資家が、定期的に一定の金額でビットコインを購入し、ボラティリティの影響を減らす戦略だ。

「ビットコインが3000ドルになるのか、4000ドルになるのか、6000ドルになるのかはわからないが、8000ドル以下の価格が良いと考えているので、私には関係ない」

「ビットコインは最終的に2万ドルに」

バーチ氏はビットコイン価格の底値がどこになるかはわからないと言っているが、6000ドル以下になることはないのではないかとの考えを示した。

来年に予定されているビットコインの半減期に向けて、ビットコインは上昇していくとういのがバーチ氏の基本的スタンスだ。その上で、将来的に2万ドルまで上昇すると予測した。

「ビットコインは最終的に2万ドルを超えると信じている。8000ドル未満の価格は買いに適した価格だと思っている」

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版