仮想通貨ビットコイン、ペソ建てで過去最高を更新|大統領選リスクから避難通貨として意識か

仮想通貨ビットコイン(BTC)がアルゼンチンのペソ建てで過去最高を更新した。アルゼンチンではインフレ懸念が高まる一方ペソ安が進行しており、ビットコインが逃避先として機能している可能性がある。

(出典:CoinGecko 「ビットコイン/ペソの価格(上)と取引高(下)(全期間)」)

27日にビットコインは約39万2000ペソに到達し、2018年1月につけた過去最高値を更新した。またビットコイン/ペソの取引高も右肩あがりで急増している

背景にあるのは、アルゼンチンで法定通貨ペソへの信用不安である可能性がある。

ペソは、3月末に対ドルで過去最低を記録。アルゼンチンの中央銀行も今年のインフレ率見通しを上方修正した。

また「マーケットに友好的」ということで高い人気を獲得していたマクリ大統領の支持率も低下。今年10月にはアルゼンチンの大統領選が控えているが、フィナンシャル・タイムズによると、「型破りな政策」で有名なクリスティナ・フェルナンデス前大統領が再び権力を握る可能性があり、投資家は「民主主義による割安(democracy discount)」を織り込もうとしている可能性がある。

フェルナンデス前大統領は、あくまでアルバート・フェルナンデス候補の代理として活動しているものの、資産価格は先月から下落しているという。

【関連記事:アルゼンチンは今年「通貨危機」を迎える可能性も|仮想通貨ビットコインの取引高は急増中