仮想通貨取引所バイナンス、「マーケットメーカー」プログラムでクジラを誘惑

仮想通貨取引所大手のバイナンスは、大口の投資家向けに「マーケットメーカー」プログラムを発表した。流動性を高めることが狙いだ。

マーケットメーカーは、月間の取引高が1000BTCを超える投資家向けに導入される。手数料が削減される他、API制限が高くなる。クジラ(大口の仮想通貨投資家)のトレード参加が増えることで、小口投資家がより簡単に注文を確定できるようになる。

また、マーケットメーカーは、取引高、注文のサイズなどをもとに評価される。そのスコアをもとに、手数料の削減額が決まることになる。

今年4月、OKExもマーケットメーカープログラムを発表していた

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版