仮想通貨取引所バイナンス、分散型取引所と証拠金取引から日本のユーザーをブロックへ

仮想通貨取引所大手のバイナンスは、分散型取引所(DEX)で日本からのユーザーをブロックすると発表したことがわかった。2日に米国を含む28カ国からのユーザーをブロックすると表明していたが、これに日本も含まれることになった。今回更新されたブロック対象国は前回の28カ国から日本を含む19カ国になった。

【関連記事:バイナンス、仮想通貨取引所(DEX)で米国含む28カ国からのユーザーをブロック

対象となっているのは米国のほか、アルベニア、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、ベラルーシ、コンゴ民主共和国、コートジボワール、クリミア、キューバ、イラク、イラン、日本、北朝鮮、リベリア、マケドニア、ミャンマー、セルビア、スーダン、シリア、ジンバブエ。

binance

(出典:binance.org)

アクセス制限は7月1日から実施されるという。また、証拠金取引についても規制を実施し、日本が対象国となった。証拠金取引についてはバイナンスが計画を立てていることは以前から報じられ、期待が高まっていた。

beta-binance