仮想通貨で寄付できる奨学金基金、豪大学が発表 ビットコインとイーサリアムをサポート

5万8000人以上が在籍する豪カーティン大学は2019年7月23日、仮想通貨で寄付できる奨学金基金「仮想通貨Ph.D.奨学金基金」を発表した。対応する仮想通貨は、ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)の2種類。

同大学副学長代理のガリー・アリソン教授によると、この基金により、仮想通貨で莫大な利益をあげた企業や起業家は、ブロックチェーン、サイバーセキュリティ、データ分析の3分野で博士(Ph.D.)課程にある学生に資金を提供でき、それが3分野のコミュニティへの還元につながるという。分野を指定した寄付も可能なほか、学校関係者は決済方法としての仮想通貨の普及に役立つと指摘した。

またこの寄付のシステムは、学生ローンの支払い支援や教育機関向け授業料支払いシステムを手がけるネルネット・インターナショナルと、ブロックチェーン基盤の分散型マーケットプレイスを手がける「セントラリティ(Centrality)」により開発され、寄付希望者は大学にリアルタイムで直接寄付できるそうだ。


翻訳・編集 コインテレグラフ日本版