オンライン消費者ローン企業が仮想通貨サービスを発表、株価60%急進

30日、オンラインの消費者金融会社であるモゴ(本社バンクーバー)が仮想通貨業務を新規に展開すると発表した直後、同社の株価が急進。株価は次の日も続伸し、2日間で60%の上昇を記録、上場以来の高値をつけた。トロント証券取引所において約4ドルで取引されていた同社株は、現在6ドルで推移している。

同社CFOのグレッグ・フェラー氏は公式発表の中で「テクノロジーに詳しい若いカナダ人は安全・信頼性が高く簡単な方法でビットコインやその他の仮想通貨を所有し、使いたいと思っている。<中略>モゴ社はそういった方法を提供するのに相応しい立場にある」とした。

また続けて、「ブロックチェーン技術は明らかに、次世代の金融に深い影響を与えていく。そういった技術を当社のプロダクトやプラットフォームに加えることができて大変喜ばしく思っている」と述べている。

コインテレグラフは先週、社名に「ブロックチェーン」という言葉を加えるという発表だけで株価が4倍になった無名の英国企業について伝えている

  • フォローはこちら: