ベラルーシの証券取引所、国債をトークン化して提供

ベラルーシに拠点を置くトークン化証券取引所、カレンシー・ドット・コム(Currency.com)は、同国国債をトークン化して提供する。5月7日にプレスリリースで発表した。

プレスリリースによると、法定通貨または仮想通貨ビットコイン(BTC)とイーサリアム(ETH)でベラルーシ国債の投資取引ができるという。

トークン化した国債は、ビットコインなどの仮想通貨同様、部分的に購入することができる。国債1口は1トークン、1トークンは1000ドル(約11万円)で、まずは国債252口で開始する。年利回りは4.2%。

カレンシー・ドット・コムの共同創設者、ビクトル・プロコペニャ氏は以下のように述べている。

「2018年にベラルーシで承認された「デジタル経済を発展させる Decree No.8」が進展したことにより、こういったことすべてが可能となった。この新たな技術革命の場において大きな役割を担う国のコミットメントを支持する」

昨年9月には、オーストリア政府が、イーサリアムのパブリック・ブロックチェーンを使用して、11億5000万ユーロ(約1517億円)の国債を発行するとしていた。

翻訳・編集 コインテレグラフ日本版