アップルのスティーブ・ウォズニアック、ブロックチェーンの将来の可能性に言及

 アップルの共同創業者スティーブ・ウォズニアック氏は、ブロックチェーンはドットコム時代に似たバブルであるが、将来的には可能性があると確信している。CNBCが26日に伝えた

 ウォズニアック氏はニューヨークのNEXテクノロジーカンファレンスの開催中に、ビットコイン時代には約束を果たさなかった企業が、似たような誇大広告を繰り広げていたものだと語った。

「あれはバブルだったし、ブロックチェーンについてもその雰囲気を感じているよ」

 しかし、ウォズニアック氏はブロックチェーンは「非中央集権的で完全に信用に足るもの」とも付け加え、その可能性が完全に結実するまでにはおそらく「しばらく時間がかかる」だけだと述べた。

 「一朝一夕で変わるものではない。早期に登場した本当に優れているブロックチェーンのアイデアの多くは、長期的に安定させる準備ができていないせいで燃え尽きてしまうかもしれない」

 ウォズニアック氏は先月、ブロックチェーンと仮想通貨の将来の可能性について同じような考えを表明していた。

 CNBCは、ウォズニアックはイーサリアム(ETH)について、そのブロックチェーンを構築する開発者にとって汎用性があることを理由として、長期的に存続する可能性がある仮想通貨のひとつとして選んでいると伝えている。ウォズニアック氏はまた、5月中旬にウィーンで開催されたカンファレンスで、イーサリアムのプラットフォームをアップルのそれと比較し、将来にまさにアップルのような影響力を持つ可能性があると述べていた。

 CNBCによれば、ウォズニアック氏は、彼曰く現在業界を独占しているフェイスブックと競合するソーシャルネットワークとして、ブロックチェーンを使える可能性について言及した。ビットコイン(BTC)は「純粋なデジタルのゴールド」であると今月の始めに述べていた同氏は、ビットコインは今でも「本当に素晴らしい」とCNBCに語った。