アメックス、レシート画像を保存された記録と照合するブロックチェーンシステムに関する特許申請

金融サービス大手のアメリカン・エキスプレス(アメックス)が、レシート画像の取り込みと送信を行うブロックチェーンを用いたシステムに関する特許を申請した。米国特許商標庁(USPTO)が13日に公開した特許申請書により明らかになった。

この特許の出願者は、同社の旅行部門であるアメリカン・エキスプレス・トラベル・リレイテッド・サービシーズ社だ。「デジタル画像と関連記録の連動」と題するこの新たな特許申請書には、レシート画像の受信、記録、送信を行う新たな方法が記されている。

同申請書によると、同特許のシステムによってユーザーは携帯端末を用いてレシート画像を取り込めるようになるという。すると同システムは、「光学的文字認識」を用いて画像の解読を行い、その画像を「関連記録」つまり取引履歴と照合する。

申請書の中では、「データブロック」の使用について言及しており、「ここに記述されているデータベースは、相関的構造、階層的構造、グラフィカル構造、ブロックチェーン構造、またはオブジェクト指向の構造、および/あるいはその他のデータベース構成を含む可能性がある」と明記している。

特にデータストレージに対してブロックチェーン技術を使用することの利点について、同申請書は以下のように詳述している。

「ブロックチェーンの構造は、増大するデータ記録を維持する分散型データベースを含有することができる。各ブロックは個々の取引情報とブロックチェーンの実行ファイルの結果を保持できるため、ブロックチェーンはより安全性の高い手段を提供することができる」

今年7月、アメリカン・エキスプレス・トラベル・リレイテッド・サービシーズ社は、ブロックチェーンの初期ノード上で公開鍵を用いて支払いのペイロードデータを暗号化することで、支払い証明を自動化するブロックチェーンを用いたシステムに関する特許を申請した

また、アメックスは今年の春、ブロックチェーン技術を導入し、加盟店が顧客エンゲージメントを強化するためにアメックスカードの保有者に対してカスタマイズしたサービスを提供できるようにすることを発表した