リップルを基準通貨とした初の仮想通貨取引所で登録開始、アルファポイントが開設支援

 仮想通貨取引のホワイトラベルを提供するアルファポイント社は30日、時価総額第3位のリップル(XRP)を基準通貨とした初の仮想通貨取引所DCEXで、ユーザー登録を開始したと発表した。リリースでは、XRPは取引処理時間が短い上に手数料が安く、アービトラージに有利であると強調している。

 取り扱い通貨は全15種。XRP、 (BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム  (ETH)、ビットコインキャッシュ(BCH),、ビットコインゴールド (BTG)、イーサリアムクラシック(ETC)、オミセゴー(OMG)、イオス (EOS)、ダッシュ(DASH)、トロン(TRX)、モネロ(XMR)、ヴィチェーン (VEN)、アイオータ (IOTA)、Zキャッシュ (ZEC)、ステーブルコインのトゥルーUSD (TUSD)だ。数ヶ月以内にネオ(NEO)やカルダノ(ADA)なども追加する計画。

 また、ブルームバーグ・ギャラクシー・クリプト・インデックス(BGCI)にリストされている計10種のコインへのアクセスを提供する。取引開始は数週間以内を予定している。

 アルファポイント社は6月、大富豪投資家マイク・ノヴォグラッツ氏が設立したデジタル資産マーチャントバンクのギャラクシー・デジタルから1500万ドル(約16億6000万円)を調達している

 ギャラクシー・デジタル・マネジメントは5月初め、「顧客の仮想通貨への関心が高まっている」ことを受け、ブルームバーグと提携してBGCIを開始している。