「暗号通貨(仮想通貨)を始めたいけど、何から始めたらいいかわからない…」

この記事ではそのようなお悩みがある方向けに、暗号通貨(仮想通貨)とは、や、準備、始め方、おすすめの取引所をご紹介します。

記事を読むことで、暗号通貨(仮想通貨)の始め方や自分に合った取引所がわかります。

暗号通貨(仮想通貨)を始めるために必要な知識を解説していますので、ぜひお役立てください。

暗号資産(仮想通貨)とは

暗号通貨(仮想通貨)とはデジタル通貨のことです。

世界中の特定多数の人により、電子データ上で管理されます。

そのため、一般的な銀行のように中央管理者はいません。

ブロックチェーンと呼ばれる技術により、不正取引が行えないことが特徴で、取引はすべてネット上に記載されます。

また暗号通貨は世界中で利用されており、値幅が大きく価格が安定していないため、投資や投機の対象としても注目を集めています。

暗号通貨(仮想通貨)の2通りの始め方

暗号通貨(仮想通貨)には2通りの始め方があります。

1.販売所で買う

2.取引所で買う

それぞれ解説します。

1.販売所で買う

販売所は暗号通貨初心者でも始めやすく、簡単に取引が行えます。

知識や経験も必要ないため、初心者にとくにおすすめです。

数ある取引所のなかでもbitFlyerが初心者向けと言えるでしょう。

bitFlyerではお得にビットコインがもらえるサービスも展開中です。

2.取引所で買う

暗号通貨(仮想通貨)を始めるには販売所以外にも取引所で買う、という方法があります。

取引所ではオークション方式のような形で売買取引を行います。

具体的には一般ユーザーから暗号通貨(仮想通貨)を買い、一般ユーザーに暗号通貨(仮想通貨)に売ることで取引が成立し、各ユーザーの取引希望額に応じて相場に合った値段を注文していきます。

暗号通貨(仮想通貨)はいくらから始められるのか?

暗号通貨(仮想通貨)を始めるにあたっては大きなお金が必要だと思われがちですが、実はそうではありません。

取引自体は1,000円未満から可能です。

そのため、初心者でもハードルが低く、始めやすいと言えるでしょう。

月に1万円ほどの予算があれば、十分に取引を行えます。

ただし、収益に関しては小さい額だと小さい収益しか得られませんので、資金が潤沢にあったほうが大きな利益を狙えます。

暗号通貨(仮想通貨)の準備と始め方

こちらでは、 暗号通貨(仮想通貨)の準備と始め方について解説します。

暗号通貨(仮想通貨)の取引前に行う準備

暗号通貨(仮想通貨)の取引前に準備するものは以下の通りです。

1.インターネット環境

2.PCorスマートフォン

3.身分証明書

これらを手元に準備したうえで、 暗号通貨(仮想通貨)の取引を始めます。

暗号通貨(仮想通貨)の始め方

暗号通貨(仮想通貨)の始め方は大きく3ステップにわかれます。

STEP1.暗号通貨(仮想通貨)公式サイトを開く

STEP2.仮登録を行う

STEP3.本登録を行う

それぞれ解説します。

STEP1.暗号通貨(仮想通貨)公式サイトを開く

まずは取引を始める暗号通貨(仮想通貨)取引所を決めて、公式サイトのリンクを開いてください。

リンクを開いたら、登録のボタンを押しましょう。

STEP2.仮登録を行う

次に仮登録を行います。 メールアドレスの登録を行うと取引所からメールが届きます。

メールを開くと個人情報の登録を求められますので、記載します。

必須の内容は ・氏名、住所 ・本人確認書類の提出 となります。

これらを登録すると仮登録は完了です。

STEP3.本登録を行う

本人登録書類を提出して、仮登録が終わると、案内はがきが最短で3営業日以内に届きます。

届いたはがきにコードが記載されているので、記載された通りの方法でコードを入力すると、本登録完了です。

暗号通貨(仮想通貨)トレードをスマホで始める方法

暗号通貨(仮想通貨)トレードはスマートフォンでも簡単に始められます。

スマホで暗号通貨(仮想通貨)トレードを行いたい場合は、まずは取引を行いたい取引所の専用アプリをスマートフォンにダウンロードしましょう。

初心者でも操作しやすく、間違った注文の心配もありません。

中でもbitFlyerのアプリは初心者でも操作しやすいのでおすすめですよ。

スマホで暗号通貨(仮想通貨)トレードを行える取引所

スマホで暗号通貨(仮想通貨)トレードを行える取引所を紹介します。

代表的な取引所一覧は以下の通りです。

・Coincheck

・BitFlyer

・GMO Coin

・DMM Bitcoin

・BITPoint

それぞれ詳細については各サイトを確認してください。

初心者向けの暗号資産(仮想通貨)取引所ランキング

ここからは初心者向けの暗号資産(仮想通貨)取引所ランキングを紹介します。

暗号資産(仮想通貨)取引所選びの参考にしてください。

1位:BitFlyer

BitFlyerは暗号資産(仮想通貨)の取引のキャリアも長く、信頼できる取引所です。

取引高やユーザー数も国内トップクラスで、取引の相場も安定しています。

環境が整っているため、初心者でも失敗しにくいことが特徴です。

また、特徴としてビットコインがポイント代わりに貯まるサービスを提供しています。

お買い物でビットコインのポイントがたまるのはBitFlyerだけですので、お得に利用できます。

2位:Bitpoint

Bitpointは2016年にスタートした仮想通貨取引所です。

株式会社ビットポイントジャパンが運営しています。

大きな特徴として、取引手数料、送金手数料がともに無料なのでコストを抑えて取引を行えます。

また、EHT、BCH、LTCに関しては国内でトップの取引数を誇っていますので、安心して取引できます。

その他セキュリティも高く、安心して利用できます。

3位:OKCoin Japan(オーケーコイン・ジャパン)

Okcoinは中国の仮想通貨取引所です。

仮想通貨をはじめ100種類以上ものさまざまな通貨を取り扱っています。

独自のOKBトークンを発行しており、取引手数料も無料なので、お得に取引できます。

ただし、日本語に対応していないので慣れるのに時間がかかるかもしれません。

ランキング外の取引所

ここからはランキングには入らなかったものの、初心者におすすめの取引所を紹介します。

Coincheck

これから暗号資産(仮想通貨)を始める方にもっともおすすめの取引所がCoincheckです。

運用しているのは金融業界でも大手の「マネックスグループ」で信頼もできます。

また、アプリが使いやすいこともメリットです。

スマホアプリのダウンロード数は、数ある取引所の中でもトップです。

スマホでトレードしたい人は、ぜひダウンロードしてください。

DMM Bitcoin

DMMビットコインは業界でもトップクラスの低コストで暗号資産(仮想通貨)を始められる取引所です。

取引手数料、入出金手数料ともに無料になります。

そのため、初心者でもまずは暗号資産(仮想通貨)取引を始めたいと考えている人にとくにおすすめです。

特徴はアルトコインのレバレッジ取引に優れているという点になります。

GMO Coin

GMOコインはGMOコイン株式会社が運営する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

2021年7月時点で14種類の暗号資産(仮想通貨)を扱っています。

PC、スマートフォンを問わずに多様な注文方法で取引が可能で、専用のスマホアプリもあります。

電話によるカスタマーサポートもあるので初心者でも安心です。

SBI VCトレード

SBI VCトレードはSBI証券や住信SBIネット銀行、SBI FXトレードでおなじみのSBIグループが展開する暗号資産(仮想通貨)取引所です。

大手の投資会社だからこそセキュリティ面は万全で、取引ツールの使い勝手もシンプルで使いやすいことが特徴です。

初心者でも暗号資産(仮想通貨)をはじめやすい取引所といえるでしょう。

大きな特徴としてスマホでトレードできる点や住信SBIネット銀行との連携で即時決済可能な点があげられます。

DeCurret

DeCurretは2018年に設立された株式会社ディーカレットが運営する仮想通貨取引所です。

専用のアプリで簡単に取引できる販売所と、多機能チャートツール搭載の取引所を利用できます。

大きな特徴として暗号資産(仮想通貨)で電子マネーのチャージが行えることがあげられます。

2020年7月時点では ・au PAY ・楽天 Edy ・nanaco ・au PAY が対象のブランドです。

その他24時間365日リアルタイムで入出金できます。

Huobi

Huobiはフォビジャパン株式会社が運営する暗号通貨取引所です。

24時間365日取引を行え、ビットコインやイーサリアムなどの仮想通貨を2円から始められます。

土台となるHuobiグループは世界で170ヵ国以上、数千人のユーザーを抱えており、セキュリティ面でも世界レベルです。

カスタマーサポートも24時間365日対応しています。

マーキュリー

マーキュリーは株式会社セレスの子会社として、暗号通貨関連事業を目的として設立されました。

2021年の3月にCointradeの販売所サービスの提供を開始しており、現在はそちらで暗号資産(仮想通貨)の取引を行えます。

取り扱っている暗号資産(仮想通貨)は ・ビットコイン ・イーサリアム ・リップル ・ビットコインキャッシュ ・ライトコイン また、モバイル版アプリの公開予定です。

暗号資産(仮想通貨)の始め方まとめ

暗号資産(仮想通貨)を始めるには大きな予算は必要ありません。

もちろん大きな金額で始めるほうが大きな収益は期待できますが、初心者の場合、まずは少額で運用してみるのもよいでしょう。

また初心者が暗号資産(仮想通貨)を始めるなら取引所がおすすめです。

本記事では、おすすめの取引所をランキング形式で紹介しました。

これから 暗号資産(仮想通貨)を始めるにあたって、取引所選びの参考にしてください。