プレスリリース

ビットコインは過去10年間、多くの機関にとってあまり良い投資対象ではない。ビットコインの変動性が高く、リスクが高いため、一部のファンドマネージャーは内部のリスクコントロールによってビットコイン市場の資産配分に関与することができない。

現在、ビットコインに最適な投資タイミングを逃した投資家も、最近話題になっているイーサリアムとアルゴリズムによるステーブルコインに注目が集まっている。アルゴリズムによるステーブルコインはビットコインに基づいて通貨の柔軟性を考慮している。しかし、このような柔軟性には良い信用基盤や数量制限がない。つまり、資産の柔軟性は明らかにアルゴリズムによって定められているのが、二次市場での価格誘導はマーケットメイクが深く関与している。

暗号世界の内巻き化

Coinmarketcap には、4157 個の暗号資産が収録されて追跡されていて、ほとんどの資産が取引されなくなっている。多数の資産は、上所発売当時に比べてトーコンの解放規模が大きく増えている。持続的なインフレと継続できない信頼に支えられため、資産の1日の取引量もゼロになった。
 
全てのプロジェクトチームは暗号資産により多くの投資家の関心を集めるために、知恵を絞って製品をアップデートとリニューアルしている。しかし、いずれにしても、資産の本質、つまりスマートコントラクトを発行した際のコードやパラメータ、そしてマーケットメイクの「高値で売り」という戦略は変わっていない。
 
「投資家は相変わらず市場の弱者であり、より多くの市場流通を支払わなければならない。」これはほとんどのチームが実行している方向である。
 
暗号分野では、「そもそも価値があるのか?ないのか?」という問題をめぐって議論されることが多い。ビットコイン、イーサリアム、最近登場した新しいトークンに至るまで、投資家が様々な場面でこの問題について尋ねる。
 
このような問題を解決する最善の方法は、チームが人々にその実用性と信頼性を説明し続ける。それが本物であろうと短期間であろうと、多かれ少なかれ注目を集めることができる。昔からビットコインやテスラの普及者はそうしてきたのであるから、人々は高価な資産を見逃して第二のチャンスを狙うことになる。
 
時間が経つにつれ、暗号業界全体に「内巻き化」という大きな問題が生きる。同じ製品、機能デザインが別のチェーンやシナリオに登場すれば、別のストーリーとして語られる。長い間、業界の構図が限られているため、似たようなストーリーになっていき、投資家は似たような話を聞き尽くしてしまい、お金をかけることをやめてしまう。
 
アグリゲーター、ガバナンス、インセンティブプールといった言葉、これらの DeFi とともに生まれた名詞は、いずれも短期的な流動性を閉じ込め、より長期的な流動性を放出することを予告している。最後に、お金はどこから来るのか、それがどのくらい滞在できるのかという疑問が浮かぶ。
 
結局のところ、これらの資産はインフレの問題を解決することはできなかった。インフレの方向性は最初から決まっていたからだ。

人々は本当の意味でのデフレを必要としている

現在、市場では多くのプロジェクトが最初からインフレを中心に進められていて、私募、公募、機関がトーコンを解放することなどの参加体制の設計によって、プロジェクトが二次市場でデフレに転換しにくい状況に陥っている。供給の観点から見ると、これまでのトーコン解放メカニズムによるインフレは、その後のデフレよりも大きく、反転しにくい。
 
最も顕著な例は、2020 年夏に起きた DeFi の波である。多くの DeFi プロジェクトがイールドファーミングの LP 資金を集めるため、これらを認知してくれる機関や KOL に提供していた。プロジェクト・トークンを取引所に上場する前段階では、この操作が大きな注目を集めたが、同時にその後のインフレに根本的な問題の起源をもたらした。
 
2020年7月には、その後の業界展開を変える DeFi プロジェクト「 Yearn.Finance 」が正式にオンラインになりました。その後、このプロジェクトの YFI トークンは、700 ドル以上から 4152 ドルまで徐々に上昇して、後から入場した多くの YFI 投資家たちは、まるでビットコインを持っていた当時のような感覚を味わった。現在、 YFI の価格は最高値から大幅に下落しているものの、2万ドル以上を維持している。
 
そして、多くの投資家から支持を得ているのは、YFI トークンを自分に割り当てていなっかた当時の「 Yearn.Finance 」プロジェクトの創始者である Cronje が、融資、チーム配分、プレマイニングなどの戦略を放棄したことと関係がある。すべての YFI トークンは最終的にプロトコルを使用するユーザに割り当てられた。
 
そのため、今日では多くのプロジェクトが投資家の関心を引くために「 yearn.finance 」のデザインをコピーしようとしているが、いずれも実現には至らなかった。例えば、2020 年 12 月 29 日にエアドロップを終えたばかりの 1inch は、投資家がプロジェクト自身のアドレスに約36万3000枚分のトークンをエアドロップした疑いがあることが明らかになった。当時の 1inch が発売されたばかりの時価では、その資産は約 100 万ドルの価値がある。
 
1inch で起きたことは、多くの DeFi プロジェクトの氷山の一角に過ぎないのかもしれない。1inch が市場で流通しているトークンは、どれだけが公的な投資機関や利害関係者によって売られたのか、正確に知ることはできないからである。
 
振り返ってみると、確かに「Yearn.Finance」と YFI のようなものが必要であり、前段階の既得権益者の参加していない。

Mimosaの誕生

「 Yearn.Finance 」のような銘柄を作っても、仕組みやトーコン配分の方法に変化がなければ、投資家たちは「コピーキャットバージョン」と呼ぶかもしれない。しかし、同じようにリデザインと繰り返して、新しいプロジェクトを作れば、もっと新しい点が見つかるかもしれない。
 
創業者である渡眞賢一と Sophia がやろうとしていることはこういうことだ。これは人々に認められるだけでなく、その後も Mimosa に対してより多くのアクションを起こさせることができると考えている。投資家、前段階トーコンの保有者、関連利益者にとらわれないためだ。
 
現在、この12人の小さなチームの主要メンバーが東京にいて、このことを企画している。
 
Mimosa の設立は、やはり「 Yearn.Finance 」の登場につながっているのかもしれない。2019 年の夏には、DeFi の熱気によって伝統的な銀行や証券会社の従業員が集まっていました。毎週末、都内の居酒屋で集まり、周りの人たちがお酒を飲みながらおしゃべりをしていた時に、彼らはさらに麦茶を飲みながら暗号相場の話をしていた。
 
この趣味団体に Mimosa プロジェクトのアイデアを持たせたのは、 YFI に投資した経験があるからである。この組織のメンバーのほとんどは 2000 ドルで YFI を購入したものの、利益を得たいという気持ちがあったために、多くのメンバーが 5000 ドルで YFI を売った。二人の協会の創設者だけがトークンを少し残していた。
 
彼らは YFI を保有することで収入が得られるだけではなく、多くのインスピレーションをもたらしていると感じているので、もっと持ち続けたいし、もっと面白くて長期的なことをしたいと思っている。

これが Mimosa の最初の誕生である。

「Yearn.Finance」同じく、 Mimosa にも融資、チーム配分、プレマイニングなどの仕組みがなく、前期の公平性が保障されている。異なるのは、 Mimosa が MIMO を作った際、スマートコントラクトにオンチェーンで MIMO 取引する同時に取引総量の5%が燃やすを直接書き込んだ。これは今後のデフレ実行が保証されている。
 
現在、MIMO の総量は 1600 万枚にとどまっていて、前期のマイニング配分が終われば、1500 万枚 MIMO しか残らないと予想されている (取引するごとに取引量の 5% を永久に破棄し、ホワイトリストもない)。そのため、公的なトーコンの大量放出や多額の関与者が出ることを防う。
 
最近では、世界的に有名な監査機関である Beosin は Mimosa のスマートコントラクトについて監査を行い、MIMOはイーサリアムチェーンで取引、取引手数料を差し引く形でトークンの廃棄が行われていることが確認されており、Mimosa が次の重要なステップに進むことを意味している。それは「トーコン解放」である。
 
ホワイトペーパーによると、 Mimosa が解放した初期流通はわずか 80 万枚で、チェーンの取引量の 5% を差し引いて 74 万枚だけがフォロワーに保有される見込みである。 Mimosa 通貨の上場を手配している取引所の内部文書によると、Mimosa の提案価格はわずか 1 ドルで、これは 2021 年の新しい年に、すべての新規プロジェクトのうち、時価総額、流通時価総額、流通規模の 3 つの最低記録が生まれることを意味する。
 
市場がどれだけのプレミアムスペースを与えてくれるかは、 MIMO が本格的に流通する日を待つしかない。暗号世界の新しいプロジェクトは常に大きな時価総額で発行されることを好む。賢一にも彼なりの考えがあるのかもしれない。


会社:Mimosa (BVI) Limited
担当:渡眞賢一
連絡先:service@mimosa.finance

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー