VeChain ブロックチェーンとICチップで日本茶の生産地を証明

日本茶の歴史は9世紀から始まりました。それから、茶は日本文化に深く根付き、日本人が日常的に飲むものとなりました。さらに、お客様に茶を点て、振る舞う儀式である茶道は、日本の芸術におけるもっとも重要なものの1つとなっています。VeChainは日本茶の信頼性とトレーサビリティを向上させるために、富士山まる茂茶園が運営する日本で最も有名な茶事業と協力しています。先進的なトレーサビリティとIoTソリューションを使うことで、消費者はスマートフォンでパッケージに埋め込まれているNFCチップを読み込むことで日本茶の生産地を証明することができます。

最初のトライアル版は100個分あり、それぞれにVeChainのNFCチップが搭載され、富士御茶の限定商品として提供されます。このトライアルではパートナーシップの概念実証として、富士御茶のお客様がこの新しい技術を体験するために、VeChainの技術が実装されます。

このソリューションでは、それぞれの製品にVeChainは固有のIDを割り当てることで、今回のトライアル商品の唯一性を保証します。NFCチップによって、お客様はそのお茶が富士山麓という日本でも固有の茶を育てるのに適した、富士山まる茂茶園産であることを確認することができます。さらに、チップをスキャンするとお客様は富士山まる茂茶園の歴史につい