プレスリリース

Tronipay』は、グローバル決済用のプラットフォームである。現在、Tronipayは「ユニオンペイ(キャッシュカードとデビットカード兼用)のインターナショナルカード」を武器に、あらゆる金融障壁を打ち破ろうとしている。

長期にわたるプロジェクト期間を経て、Tronipay社はついに、世界中どこの国のユーザーでも入手できる『UnionPay International Card』をリリースした。

Tronipayのアカウントさえ取得すれば、まさに国籍・居住地を問わず、UnionPay International Cardを入手することができる。

このカードは一種のプリペイドカードで、世界中どこででも利用可能だ。各国の通貨に対応し、仮想通貨または法定通貨で残高をチャージできる。

カードにチャージされる仮想通貨は、TRP(トロニペイ)。同社は、TRPを任意の法定通貨または仮想通貨に交換できる店頭取引デスクも開設している。

その結果として実現したのが、世界中で最も有利な為替レートで行われる送受金システムだ。

もしあなたが外国にいる家族に送金をする必要があるなら、いつでも送金可能なTronipayカードを入手しておくとよいだろう。

同社は、Tronipayカードと電子マネーをローンチして以来成長を続けており、本年度は40%以上も成長した。アメリカ、ヨーロッパ、シンガポール、コスタリカにオフィスを構え、現在はパナマに新しいオフィスを建設中である。

金融業界において常に革新を続けるTronipay社は、パナマの銀行と提携し、今年後半には全ユーザー向けのIBAN(国際銀行勘定番号)システムをローンチする。さらに、VIP顧客向けには、高額の利用限度枠が認められたブラックカードを発行する予定だ。

同社は、今週中にもGoogle Payのアプリをローンチし、真の「グローバルデジタルバンク」に生まれ変わる予定である。

Tronipayのプラットフォームは、取引所での売買、FX(為替先物のレバレッジ取引)、および国際決済を行う必要のある個人と企業にとって、大変優れたソリューションといえる。

実際、ラテンアメリカおよびアジア全域では、銀行口座を持たない人々に完璧な支払い手段を提供している。


Tronipayのアカウントを取得するには、www.tronipay.comまでアクセスを。

サポートおよび質問窓口はこちら: support@tronipay.com

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー