仮想通貨で再生医療の未来を切り開く SCCトークン決済可能の医療機関が東京と大阪にオープン、受診予約を開始

AIとブロックチェーンを駆使した医療改革を目指すステムセルプロジェクト(STEM CELL PROJECT)の下、東京と大阪のクリニックが仮想通貨決済の受入を開始した。同クリニックで利用される仮想通貨はプロジェクトが発行したSCCトークン。少子高齢化社会の到来を背景に、危機に瀕する日本の医療体制をテクノロジーによって改善する試みが始まる。

ステムセルプロジェクト(STEM CELL PROJECT)は、MTA Intec PTE LTDによって発足され、日本国内の医療学会や医療法人と連携し昨年10月にICOによる資金調達を実施。「再生医療を世界へ」という理念の下、独自の培養技術やAIとブロックチェーンを活用した「幹細胞治療のコスト最適化」を目指し、最先端の予防医療を社会に届けることを目的としている。

具体的な構想として「提携病院における治療費用の決済手段」の開発、「AIとブロックチェーンを活用した画像病理診断システム」の開発、「バーチャルクリニック・プラットフォーム」の構築を行う。診察にかかる作業を軽減し、医療の効率化をはかり、誰もがどこにいても、いつもと変わらない質の高い医療サービスを受けられる環境整備が目指される。また、日本だけではなく、シン&#