プレスリリース

ビットコインの提案者サトシ・ナカモトに由来するトークンSatozが2021年3月にローンチした。現在Satozは、世界初のプルーフオブバーン・プロトコルを完全に実装したトークンとして利用されている。

現在Satozは、発行枚数の上限である21,00万枚のほぼ半分にあたる1,000万がプルーフオブバーンプロトコルを使用して「Burn(焼却)」されており、10分ごとに報酬として50 Satozが公平に生成され自動的に分配される。これは人の介入なくブロックチェーンによって行われる。

トークンのBurnから発展した有名なメカニズムはプルーフオブバーンと呼ばれ、ユーザーがそのトークンを消滅させてマイニングの権利を得るという仕組みに基づくものである。

トークンのBurnによって得られる利点 

多くの場合、トークンをBurnすることによりコインの価値と価格のインフレを安定させることができる。

「供給の半分以上がすでに焼却されている。コインがさらにBurnされればSatozの価格は常に上がり続け、Satozの価格が暴落することは難しくなる。」

Satozは、実現が難しかったリソースに関する問題を解決するために再設計された。今までコインマイニングは高額な電気代、高額な保守費用をかけてCPUツール、GPU、非常に高価なASICを利用して行わなければならなかったため、一部のマイナーにとっては効率が悪く、ブロックチェーンの取引手数料の高騰や承認回数の増加を生んでいた。

Satozhiについての詳細は、以下のソーシャルメディアで確認されたい:

本記事執筆時のSatozの価格は0.21ドルであり、2ヶ月で10,000%の値上がりしたことになる。これは主要な開発者やコミュニティが数々の優れたDeFi製品を継続的に開発しているためであり、そのうちの1つが世界初、バーチャルミンティングツールである。

VMTとは

VMTはSatozhiのみに存在する非常にユニークなプロジェクトであり、VMTは仮想通貨および暗号資産の世界におけるミンティングのパイオニアである。バーチャルミンティングツール(またはバーチャルミンティングトークン)とは、VMTのクリエーターがその作業をデジタルアイテムや独自の価値としてだけではなく、生涯のマイニング報酬としても販売できる改良されたプロトコルである。VMTスマートコントラクトを通じて、VMT分散型マーケットプレイス(VDEX)で自動的に取引ができる。これは他にはないプロジェクトであり、Satozhiのみに存在する。

Satozhiの主要開発者は独自のブロックチェーンウォレット「Satoz Mobile」をローンチし、現在Play Store(アンドロイド)でダウンロードできる。App Store(iOS)でもまもなく開始予定である。BSC、VMT、NFTトークンのすべての種類に互換性があり、ビルトインのDAppブラウザーを統合している。

Satozの今後について

将来的にSatozは多くの取引所に上場し、他のBEP-20トークンを統合できるNFTやDeFiプロジェクトをローンチする予定である。これにより、Satozhiのエコシステムはすべてのバイナンススマートチェーン開発者にサポートされる。

つまりSatozはユーザーが求めるすべての必要な機能を持ち合わせていると言える。すべてのブロックチェーンで使用できる、優れたセキュリティ性とインフラストラクチャを持つ使いやすいウェブサイトであり、ユーザーの投資に柔軟性と自由をもたらす。

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー