プレスリリース

前回は「DeFiはなぜ最近注目されているのか?」について取り上げた。現時点では、大げさに映えるかも知れないが、DeFiこそ金融の未来ということだ。続いて今回は、現在DeFiがどのような状況になっているのか、その最前線を担うプロジェクトについて注目していく。

ブロックチェーンは価値のインターネットと呼ばれるが、そのコア部分の一つは価値交換の場となる取引所であることは間違いないだろう。その上で、語るのに外せないのが分散型取引所のUniswap(ユニスワップ)である。

分散型取引所は、ユーザーのウォレットから直接取り引きを行うため、取引所に資産の管理権限を握られることなく、資金凍結やハッキングリスクを低く抑えることができるメリットがある。既存の分散型取引所では、流動性が乏しい問題があったが、Uniswapでは流動性プールを用意することで、その問題を解決した。流動性の提供者は、自分の資産を流動性プールに預け入れすることによって、その見返りとして手数料還元を受けることができるようになっている。

実のところ、DeFiサービスのUI/UXは一般人にとっては総じて良いものではない。にもかかわらず、既にUniswapは世界的に利用される取引所に発展している。CoinGeckoの取引所ランキングによると、Uniswapは世界で18番目に取引高が高い取引所になっている(2020年11月18日時点)。これは、業界初期から存在している韓国のBithumbや、日本のbitFlyerやLiquidを優に上回る規模である。

現在、Uniswapは様々な分散型取引所のお手本となっており、Uniswapのソースコードを流用した取引所が次々と登場している。SushiSwap(スシスワップ)や世界的なブロックチェーン企業Crypto.comが運営するDEFI SWAP(デファイスワップ)などが代表例な派生サービスだ。

Uniswap

現在、DeFi界隈では、Uniswapのような取引所が乱立をしている状態である。利用者にとっては、どの取引所のレートが有利か、流動性があるのかは判りにくいものである。そのような人のために、1inchは1inch Exchange(ワンインチエクスチェンジ)と呼ばれる分散型取引所の集約サービスを提供している。1inchのサービスを利用することで、自動的に有利な分散型取引所に接続されるようになっている。

また、DeFiで盛んなもう1つの分野としてレンディングがあげられる。レンディングは、お金を貸し借りするサービスのことを指す。借り手は、暗号資産を担保として差し入れることで、お金を借りることができる。そして、貸し手は、暗号資産を流動性プールに入れることにより、利息を得ることができる。

最も有名なレンディングプロジェクトは、Compound(コンパウンド)である。Compoundでは、借り手は米ドルと連動した暗号資産であるステーブルコイン(USDT, USDC)や、イーサリアムブロックチェーンで流通可能な形式に変換されたビットコイン(WBTC)などを流動性プールに入れることにより、年利2~10%の金利で融資を受けることができるようになっている。また、貸し手は年利1~5%の利息を獲得することができるようになっている。

さらにCompoundは、DeFiブームの火付け役になったことでも知られている。Compoundでお金の貸し借りを行うと、Compoundプラットフォームの議決権を有するガバナンストークンCOMPを獲得できるようになっている。そのため、Compoundでお金を借り、借りたお金を担保に入れてまたお金を借りる、ということを何度も繰り返すことによって、COMPトークンを獲得する人が急増した。このような行為は、COMPトークンを掘り返すことになぞらえることから、流動性マイニングやイールドファーミングと呼ばれている。

Compound

このように、ホットなDeFiプロジェクトの特徴は、誰でも流動性の提供者になることができ、その流動性が利用されると手数料還元や利息が得られる点が共通している。いずれもイールドファーミングが可能なプロジェクトであるということだ。

市場は、次なる儲かりそうなプロジェクトを模索中だ。MULAN(ムーラン)は、水面下の活動から抜き出し、これから本格的に動こうとしているDeFiプロジェクトの1つである。DeFiゲームにおける取引ゲームという新ジャンルの開拓を試みるMULANは、Uniswapの価格を利用し、プレイヤーは高い投資パフォーマンスを競う。また、プレイヤーは資金をスマートコントラクト上にロックしてイールドファーミングすることにより、ガバナンスと配当権利が付与されたMULANトークンを獲得できるようになっている。ただし、MULANはイールドファーミングのゲームだけでは終わらず、その後分散型取引所やレンディングのサービスを提供する予定となっている。


本件に関するお問い合わせ
 MULAN Finance
コンタクト:Mulan Ma 
Email: info@mulan-finance.com

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー