プレスリリース

2020年の時点で、世界のインターネットユーザー数は46億人を超え、世界人口の59.6%に相当します。46億人のユーザーが世界中に分散しており、毎日はインターネットへのアクセスによって生成される大量のデータにより、データストレージという新興市場が生まれました。

現在全世界のインターネット上のデータは、80%以上が非構造化データ(ドキュメント、写真、ビデオ)です。5Gテクノロジーの普及により、企業データがデータの主流になり、データ市場は倍増に成長します。

Markets and Marketsが発表した世界のデータストレージ市場規模の予測は、世界のデータストレージ市場が2024年に1,000億ドルを突破することを示しています。

ストレージ市場の継続的な成長により、ストレージサービスプロバイダー間の激しいビジネス競争が始まり、Amazon、Alibaba Cloud、Tencent Cloudなどの大手企業は、ストレージビジネスセクターへの投資を増やし続けています。中央化されたデータストレージ市場の台頭は、大きな商業的利益をもたらした一方、さまざまなセキュリティ問題にも直面しています。

単一障害点が発生しやすいだけでなく、ユーザーは、サービスプロバイダーが規制違反を理由にサービスを中断したり、保存されたファイルを削除またはシールドしたりする可能性もあります。また、保存されるファイルの数が増えければ増えるほど、保存コストも増加します。

情報漏えい事件など急速な台頭により、中央化されたストレージモデルに疑問を抱く人がますます増えています。

中央集権のストレージの欠点がますます顕著になるにつれて、コンテンツアドレッシングに基づいた分散型およびピアツーピアの新しいタイプのハイパーメディア伝送プロトコルIPFSが市場に登場し始めています。

HTTPネットワークプロトコルと比べて、IPFSのストレージはより安全で、より高速で、より低コストで、システムの信頼性、可用性、アクセス効率が改善できて、さらに拡張を容易にし、ハードウェア導入の不安定性を低減します。専門家の分析によると、IPFSが従来のインターネットの存在を破り、未来のIoTの成功する重要な要因の一つであると評価されています。

その分散型の特徴から、多くの人はIPFSをブロックチェーン技術/プロジェクトと考えていますが、Filecoinと混同しやすいです。しかし、実際にはIPFSはインターネット技術であり、それ自体はブロックチェーンとあまり関係がないです。]IPFSプロトコルは2015年1月に発表されてから5年以上になり、技術も成熟しています。次世代のインターネット基盤通信プロトコルとして、IPFSはすでにデータストレージ、ファイル転送、インターネットビデオ、ソーシャルメディア、分散型取引などの各分野に応用されており、これらのアプリ、アプリケーション、プラットフォームはインターネット全体を再構築しています。

IPFSは、その幅広いアプリケーションの見通しと市場規模のためだけでなく、Filecoinの出現のために、市場で大きな反響を引き起こすわけです。

Filecoinは、IPFS上で実行されるインセンティブレイヤーであり、ブロックチェーンに基づく分散型ストレージネットワークです。Filecoinは、賢いストレージのプロセスを使用してコンセンサスを形成し、クラウドストレージをアルゴリズム市場に変え、従来のマイニングにおけるリソースとエネルギーの膨大な無駄を回避します。

Filecoinプロトコルには、データ検索とデータストレージという2つの取引市場があり、取引の両者は市場でニーズを提出して取引を完了させ、インターネットとブロックチェーン向けのより安価、安全かつ高速に統合されたストレージソリューションを提供します。このプロセスでは、FilecoinのエコシステムトークンFILは、リソース(ストレージと検索)利用者(IPFSユーザー)とリソースプロバイダー(Filecoinマイナー)を通信する役割を果たし、ストレージ市場に参加するすべての人に機会を提供します。

デジタル通貨市場全体において、Filecoinは真に大規模な商業的価値のシナリオを持つ数少ないアプリケーションの1つと言え、FILはETHに次ぐ革新的な技術的ブレークスルーを持つトークンとしても知られています。

マイニングコインの一種として、Filecoinの投資家は流通市場での購入と採掘に参加することができます。流通市場での購入は最も簡単で便利な方法ですが、投資家には一定の投資と分析能力を持っている必要があり、暗号化市場についてある程度の理解も求めています。

そうしないと、激しい市場変動の中でチャンスを逃しやすくなります。それに対して、定期的な投資モデルに近いマイニングは、マイナーが安定的に参加できるようになり、ハードルの高い投資を必要とせず、多くの投資家がマイニングに参加する傾向があります。

ただし、Filecoinをマイニングするには誰でも簡単に参加できるわけがありません。2020年のテスト段階では、AMD 3970X、GTX 2018Tiなどのハイエンドアクセサリはすでに市場で活躍しており、テストに参加するノードも大量のマイニングマシンで構成されたクラスターであり、Filecoinマイニングは初期のビットコインマイニングのように低いハードルではなく、直接専門化、規模化のモデルを始め、普通な家庭用のコンピューターは基本的にマイニングに参加できなくなっています。

Filecoinの本質はビットコインと違って、マイナーは利用者24時間365日ストレージサービスを提供する必要があります。そのため、Filecoinには抵当処罰メカニズムがあるが、日常の家庭環境では、電力とネットワークの供給が安定しておらず、Filecoin採掘に必要な環境と条件を満たすことができず、普通のマイナーも専門技術メインテナンスに対する要求を満たすことが難しいです。
技術に対する要求、メインテナンスの難易度、及び投入コストが全て高いため、Filecoinマイニングはビットコインマイニングほど簡単ではないです。
 
Filecoinは個人や家庭のマイニングには向いておらず、一般のユーザーがマイニングに参加できないことを意味するものではないです。「Origin Storage」が代表するIPFSマイニングサービスを専門とした業者がすぐに現れ、エンドツーエンドレベルのソリューションで投資家に便利で効率的なマイニングサービスを提供しています。

単一のノードとして、単一のマイナーの条件が異なり、ネットワークと安定した良質なリソースを提供することが困難で、マイニング品質に影響を与えます。単独でマイニングするより、マイニングプール事業者が提供するハードウェア設備とサービスはより規範化されています。

Origin StorageのマイニングプールはT3+レベルのIDC室、2Tインターネット帯域と密閉された冷却制御システムを使用し、24時間365日リアルタイムでCPU温度、メモリ、ハードディスクなどの設備の運転状態を監視しています。異常状態があった場合すぐにアラームして、同時にデュアル電気アクセス+ディーゼル発電機+UPS給電システムとデュアルネットワークモードを採用して、Filecoinネットワークの需要を全面的に保障して、投資家が容易に参加するため集中的な管理を行なっています。

Origin Storageのマイニングプール容量は数千PBレベルに達し、完全にIPFSの基礎研究開発に基づいて、リアルタイムのメインネットワーク同期を採用しています。計算とストレージが分離したダブルクラスタシステムを採用し、分散型配置に対応して、独自に開発した高性能ストレージ最適化アルゴリズムを持っています。

ストレージの読み書きとマイニング効率を30%向上させて、7層の安全検証システムを備えて、サービスの安定性と効率を向上させると同時に、マイナーの収益率と資金のセキュリティを向上させました。
 
Filecoinテストネット1.0

テストネット2.0

Origin Storageは、さまざまなニーズを持つマイナーグループに多様なソリューションを提供できます。ロール管理、アカウント管理モデルも提供できます。

また、ユーザーのニーズに応じて、カスタマイズされた7シリーズのマイニングソリューションを提供し、市場を深く掘り下げ、投資家向けにサービスをカスタマイズできます。

Origin Storageは2018年に設立され、分散型ストレージ分野の研究開発に取り組んでいる専門技術会社で、ユーザーに分散型ストレージソリューションを提供することを使命としています。製品には分散型ストレージサーバー、コンピューティングサーバー、スマートアプリケーション開発とサーバーホスティングメインテナンスなどのサービスが含まれ、成熟した技術開発体制と完全なサプライチェーンを持っています。

現在、世界をリードするブロックチェーン技術プロバイダーChainUPから数百万ドルの戦略的投資を獲得しています。

これまで、Origin Storageは毎日平均マイニング効率が全ネットの20%を超えており、一台のコンピューティング機器あたり、毎日1.5Tのストレージを充填でき、平均マイニング効率は全ネットのトップ3になっています。チームメンバーの90%以上は技術者で、その中にIPFSの初期ソースコード貢献者もいました。

Filecoinスペースレースの第一段階で打ち出したストレージ回復システムは、Filecoinのストレージ紛失の難題を解決し、投資家たちから高く評価されています。マイニング業界の有名な企業や投資機構と深い協力関係を持っています。


 
現在、インターネット、スマートシティ、エッジコンピューティング、ブロックチェーンなどのデータソースが分散型ストレージと相性がよく自然に関連しています。コロナ禍の中でも多くのオンラインコラボレーションプラットフォームや電子契約の応用を生み出し、将来的に中小企業に大量のデータが保存されると予想できます。

新しいインフラ時代がやってきて、爆発的に増加するデータに対し、データストレージに安全保障を提供できる選択肢が必要で、IPFSとFilecoinの発展の見通しは確実に期待できます。
投資家にとって、合理的な投資は重要です。流通市場にてFilecoinを直接に投資したい場合は、慎重に考える必要があり、決して一時的な衝動で投資してはならないです。

また、マイニングを選ぶ投資家は、信頼できる事業者や、有名なブランド、評判が良く、実力のあるマイニングプールを選び、自分のニーズに応じて合理的に投資しなければなりません。

Origin Storage HP:https://www.ipfsorigin.com/
問い合わせ窓口:info@chainup.co.jp

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー