MINDEX、GMEX Group、HYBSE モーリシャスでブロックチェーン証券取引所をローンチ

モーリシャス、ロンドン、2018年11月6日:HYBSE International Marketplaceがローンチする。これは、MINDEX Holdings Limited (MINDEX)、GMEX Group Limited (GMEX)、Hybrid Stock Exchange Corporation Limited (HYBSE)のジョイント・ベンチャーである。モーリシャスに拠点を置き、革新的なブロックチェーン取引プラットフォームを市場に提供していく。

MINDEXはモーリシャスに拠点を置き、取引所やポスト・トレード、様々なアセットクラスの取引を容易にする物理インフラを手掛けている。MINDEXは、取引所とポスト・トレードオペレーター向けのデジタルビジネスとテクノロジーソリューションのリーディング企業であるGMEXからサポートを受けているほか、HYSBEと提携する予定だ。HYSBEは、ブロックチェーン技術に基づくグローバルなオンラインマーケットプレイスであり、DIM-Ecosystemの一部である。

DIM-Ecosystemは、ブロックチェーンベースの金融エコシステムだ。これは貴金属に裏付けられた、様々なステーブルなデジタル通貨の1つである、DIM通貨が含まれる。DIM通貨は、日々の商取引および商取引の決済ソリューションのための媒体だ。この通貨の安定性は、MINDEX Spot Limited(Gold Spot Exchange)を通じて、貴金属を迅速かつ効率的に購入し、アセットを安全に保管することで強化される。

HYBSE International Marketplaceは、ブロックチェーン技術とソリューションを従来の金融業界と統合し、ブロックチェーン上でアセットをデジタル化する完全に統治されたエコシステムを提供する。このパートナーシップは、機関投資家が仮想通貨ETFやそのほかの仮想通貨関連の投資商品にアクセスできるようにするものだ。

次の資産クラスは、デジタルトークン形式での取引が容易になる予定だ。

  • 暗号化された証券
  • 暗号化された通貨
  • コモディティ
  • インデックス
  • 外国為替
  • ETC(コモディティ上場投資信託)
  • ETF(上場投資信託)
  • CETF(仮想通貨上場投資信託)

中小企業は、HYBSE International Marketplaceを使って、イニシャル・ブロックシェア・オファリング(IBO)を行い、資金募集をすることができるようになるだろう。HYBSE International Marketplaceに登録されている企業から、仮想通貨化した証券やほかの資産を期間限定で特別割引価格で購入できる。これは、既存の金融サービスにアクセスできないアンバンクの人々(世界で17億人以上といわれている)に株式の上場や取引の機会を提供するものだ。

HYBSE International Marketplaceはモーリシャスで設立されることになった。モーリシャスの規制当局である金融サービス委員会(FSC)がデジタル資産のカストディおよびデジタル資産のマーケットプレイスに対して新たなライセンスを創設する予定で、デジタル資産の取引とカストディに安全な環境を提供する計画だ。モーリシャスの規制当局は、デジタル資産としての仮想通貨への投資に関してガイドラインも発行している。

MINDEX会長で、GMEX GroupのCEOであるHirander Misra氏は次のようにコメントしている。「このエキサイティングなジョイントベンチャーを発表できることを喜ばしく思う。HYBSEは、トークン化された証券、ブロックチェーンベースのデジタル取引技術の領域について広範囲な知識を有することになるだろう。GMEXのサポートを受けたMINDEXは、機関投資家向けのデジタル取引プラットフォーム、ビジネスおよびオペレーションの専門知識を提供する」。

さらに次のように付け加えた。「我々はモーリシャスでのデジタル資産の新しい規制枠組みを歓迎している。新しい制度のもとで立ち上げることになる最初のベンチャーとして、マーケット開発の最前線に立ち向かうことになることに興奮している。我々は、信頼を確保するための強力なガバナンスと規制によって支えられている、このダイナミックな空間で、モーリシャスがグローバルなハブとして位置付けられるチャンスがあると確信している」。

Hybrid Stock Exchange Corporation Limited (HYBSE)のDaniel Liu氏は、次のように語る。「3社で設立した新しいベンチャーは、仮想通貨領域だけでなく、グローバルな資本市場全体について、エキサイティングな新しい展開をもらたらすだろう。これから未知の領域を歩むことにある。これは金融システムの進化を前進させる理想的な展望を開くことにつながるだろう。私たちは、現在のグローバル市場を破壊することなく、進化に向けたステップに向けた信念を維持していかなくてはならない。非中央集権化された真の自由市場を取り巻く新しいアイデアをより強化していく必要がある」。

HYBSE International Marketplaceはデジタルマーケットプレイスのライセンスを申請し、当局からの承認を受けて2019年第1四半期に開始する計画だ。

MINDEXについてAbout MINDEX

MINDEX Holdings Limited – MINDEXエコシステムの持株会社

MINDEX Clearing Limited – モーリシャス金融サービス委員会(FSC)によって規制される清算機関(CCP)として運営され、MINDEX Limitedで行われたすべての取引を清算する。

MINDEX Limited – モーリシャス金融サービス委員会(FSC)によって規制されるマルチアセット・デリバティブ・エクスチェンジを運営する。

MINDEX Spot Limited – 金、貴金属およびその他のコモディティのための標準化された現物およびデジタルのスポット商品契約の電子取引のマーケットプレイス。

MINDEX Vault Limited – 金およびその他の貴金属のために提供される安全な保管庫ソリューション。

MINDEX Refinery Limited – 金およびその他の貴金属を最高水準まで精錬および回収する。

より詳細な情報についてはこちら: www.mindex.mu

ツイッター: @MindexHoldings

連絡先:

Samantha Seewoosurrun, Acuitas Communications

(+230) 5772 4400

Samantha.seewoosurrun@acuitascomms.com

GMEXグループについて

GMEXグループ(GMEX)は、世界的な金融市場の新時代に向け、最先端の革新的なソリューションを提供する一連の企業で構成されている。パートナーシップを通じて、ビジネスの専門知識や最新テクノロジー、コネクティビティ、オペレーショナル・エクセレンスを提供する。GMEXは市場インフラについての豊富な経験と専門知識を活かし、取引所、清算機関、保管、登記、倉庫、受取のプラットフォームのための適切な戦略マスタープランを作成してる。GMEXはグローバルな流動性ネットワークを構築するため、複数のパートナー取引所と相互接続する追加的なメリットも提供する。GMEX Technologiesは、GMEX Groupの100%子会社である。

より詳細な情報はこちら: www.gmex-group.com

ツイッター: @GMEX_Group

連絡先:

Melanie Budden, The Realization Group

+44 (0)7974 937 970

melanie.budden@therealizationgroup.com

pr@gmex-group.com

HYBSEについて

The Hybrid Stock Exchange (HYBSE) は、オンラインのブロックチェーンベースの取引プラットフォームだ。仮想通貨の新しい時代に仮想通貨化されたアセットの売買を可能にするものだ。ブロックチェーン技術を使用することえ、参加者は従来の取引所に存在していた仲介者を介することなく取引ができる。伝統的な取引所は特定の地域の参加者のものだが、HYBSEは世界中のすべての参加者に開放されている。

より詳細な情報はこちら: www.hybse.com

ツイッター:@HYBSE

For HYBSE:

Uroš Trajković, Hybrid Stock Exchange Corporation Limited

+27 (0) 87 701 0914

ut@hybse.com, press@hybse.com

DIMファンデーションについて

DIMファンデーションは、DIMブランド(DIMコイン、DIM通貨、DIM仮想通貨、将来のDIM建て通貨)のマーケティング、広報、顧客ケア、監督を担当する非営利団体だ。DIM Xは仮想通貨の取引プラットームである。DIMファンデーションはシンガポールで登録されている。

DIMファンデーションは次のことを担当する:

  • DIMエコシステムへの寄付を集める
  • DIMエコシステムのイベントを開催し、ブロックチェーンイベントに参加する
  • DIMファンデーションのマーケティングキャンペーンのローンチ
  • DIMエコシステムへのビジネスの勧誘
  • アンバサダーやプロモーターが集まる中心となること

より詳細な情報はこちら: www.dim.foundation