KTNは仮想通貨業界の新情報時代を切り開く

KTNは24時間体制で展開しており、仮想通貨業界の新情報時代を開いている。ユーザーのコンセンサス行為を導入し、社会情報、データベース、イベント、取引所、ウォレットという5つのセクションで構成されている。

KTNはニュースを核心として、グローバルブロックチェーン市場の主要情報を収集しており、ブロックチェーン業界の従業者のニーズを満たすために、24時間体制で展開している。ネタバレセクションも開設し、ブロックチェーン情報新時代を開いている。ブロックチェーン技術を介して、プロジェクトの情報を完全に記録し、すべてのプロジェクトの詳細変更を徹底的に検出し、投資家により便利なプロジェクトを探し、信頼できる情報を提供している。そしてKTN取引所、KTNイベント、KTNスマートデジタルウォレットを開発中だ。

KTNの投資機関にはNetEase Japanがある。NetEase Japanは開放的な日本ブロックチェーン市場に対して高い期待が持っている。しかし、ほとんどの日本人は金融庁がブロックチェーン取引に厳しい制限をかけていることを知らず、厳しい規制の下、日本の市場は十分に開放されていないため、逆にその潜在的な需要に期待を寄せている。 日本は非常に大きな市場だが、社会全体の構造が複雑で、変化に対して硬直的だとNetEase Japanは考えている。これは、日本に変えられる空間が多数あることを意味しており、例えば、取引所に着目すると、日本の取引所は取り扱える通貨が非常に限られている。とはいえ日本のユーザーが高品質であることに変わりはなく、日本で完全に取引所が開放される前にこれらのユーザーを掴むことができれば大きな強みになるということだ。そして、それを実現できる製品が必要だったという。

最近は弱気相場が続き、市場の状況は思わしくない。一方で、韓国の取引所がIEOに取り組んでいることで独特な市場が生まれている。ICOが注目を浴びた