プレスリリース

Heliumとは何か?

「People Network」を主要業務としているHeliumは、人脈ネットワークに権限を付与することによって誰でもHeliumネットワークに参加でき、流動性を提供することによって利益を得ることを可能にさせている。

Amir HaleemとNapsterのShawn Fanningが2013年にHeliumを創設しており、その使命はIoTインフラ設備にワイヤレスを設置することで世界をより緊密にさせることだと言われている

AmirはHeliumのCEO兼共同創設者であり、長い間ビデオゲームのスタートアップ企業DiversionでCTOとしてキャリアを積んできた。また、スウェーデンのストックホルムにあるゲームスタジオDICEで、その代表作である「Battlefield1942」の製作チームの主要メンバーとして活躍していた。Heliumは、ブロックチェーンに基づいたインセンティブのメカニズムを通して、新たな経済モデルを創出できると信じており、まだこの世には存在しない、活気溢れるアプリケーションエコシステムを解放できると考えている。Heliumは2019年、GV、Khosla Ventures、FirstMark Capital等数多くの投資者から注目を浴びた。

現在、HeliumのLoRaWAN®ネットワークインフラストラクチャは3000都市の17,000ホットスポットにまで発展しており、8万人という莫大な人数のアクティブメンバーで構成された海外コミュニティを有している。より広大なアジア市場を開拓するため、HeliumはホビットHBTCと戦略的提携を結び、両社の提携によって形成された厖大なコミュニティネットワークの力を借りて、着実に東南アジアで事業展開することが可能となった。

ホビットHBTCはブロックチェーンインダストリーゾーンを立ち上げ、テクノロジーによってより多くの業界にインパクトを与える

Heliumは現在、水管理、資産追跡、マイクロトラベル、スマートパーキング、大気質量モニタリング、疎開とCOVID-19医療イノベーション等、ネットワークを使用する何百ものクライアントを有している。更にSalesforce、Agluus、Nestle Water、NOWI等有名な企業とも徐々に提携関係を築いている。

この点において、HeliumはホビットHBTCとの価値観が似通っている。近頃、ホビットHBTCのインダストリーゾーンで出したプロジェックトを見渡すと、ほぼすべてが従来の産業で実用化されている優良プロジェックトであることが分かる。この度、HBTCがHeliumと戦略的提携を結んだのは、Heliumのイノベーションのみならず、多くはHeliumの実用化能力とホビットHBTCの技術力に対する認識であると思われる。

Heliumは如何に自らのIoT事業を実現したのか?

Heliumは、テクノロジーを通じてワイヤレスインフラストラクチャを再構築することによって、People Prower Networkを通じてIoTに基づく分散型ネットワークの確立を促進し、ユーザーが独自に所有及び運営する分散型ネットワークを確立した。更に、コミュニティの力を借りて各ユーザーに到達することに成功し、Heliumネットワーク事業者(即ちHNTマイナー)とHeliumネットワークが互いに促進する双方向市場を構築した。インセンティブによってネットワークの発展を促進し、ネットワークの発展によってユーザーの利益を強化する、いわばブロックチェーン業界における新たなイノベーションである。

期待されるHBTC+Helium戦略的提携の将来

2021年、Heliumはアジア地域の市場開拓を最優先事項としており、また同時に多くのアジアのコミュニティもHeliumホットスポットに対する高いニーズを表した。ホビットHBTCは、中国におけるHeliumネットワークの専属戦略提携機構として、Heliumの中国及び東南アジア地区における分散型IoTネットワークの建設と発展をサポートするため、すでにEasylinkinとの戦略的提携を公式的に発表した。 

Heliumの公式推奨パートナーとして、EasylinkinとホビットHBTCは共同でHNTマイニングマシン-BobcatMine300を立ち上げており、中国地域におけるプレセールは2021年2月3日の14:00に開始すると伝えられている。

今回BobCatHNTマイニングマシンのプレセールにおいて、ホビットHBTCは、HNTHバウチャーを購入して1:1にHNTマイニングマシンと交換する方式を採用している。
販売時間:2月3日14:00から2月10日14:00(UTC + 8)
総販売台数: 2000台HNTH。
キャプテンホビットは、309 USDTの低価格で購入可能、ユーザー1人当たりの購入上限台数は20台HNTH。一般ユーザーは、329 USDTの価格で購入可能、及びユーザー1人当たりの購入上限台数は200台HNTH。この度、プレセールのHNTマイニングマシンは計2000台であり、すべて送料無料、免税、ゲートウェイフリーのホビットHBTCはプレセール特典を享受可能。

ユーザー様は以下のリンクより詳細をご確認ください。
https://www.hbtc.co/xo/item/HNTH-USDT-6002-20210203103959

ホビットHBTCはBluehelixグループに所属しており、ホビットHBTC取引所のほか、クラウドテクノロジーサービスであるHBTCチェーン(ホビットパブリックチェーン)なども含まれている。「100%コインホルダー共有プラットフォーム」として、ホビットはオリジナルの10PE買戻しモデルとホビットキャプテンモデルを通じて世界中に1,700人以上のユーザーを抱えており、巨大なコミュニティを所有している。

ホビットHBTCは、設立から2年間で6027回のアップグレードと136,569回のシステム構築を経て、ほぼ完璧なシステム可用性を維持している。また、ホビットHBTCが立ち上げようとしている新しいシステムでは、プラットフォームのシステムパフォーマンスがあらゆる面で改善され、各通貨ペアは、1秒あたり最大300,000のトランザクションをサポートし、注文の送信と受信のトランザクションリターン間の遅延は1ms以下である。

一方、Bluehelix Cloudは、世界最大の暗号資産取引プラットフォームテクノロジーサービスプロバイダーとして、世界中に320以上の顧客、60億米ドルを超える保管資産を持ち、世界中で1,700万人のユーザーをカバーしている。

ホビット HBTCプラットフォームによって構築されたHBTCチェーンも2020年末に立ち上げられると表明した。DeFiの基盤となるインフラストラクチャとして、HBTCチェーンは異種クロスチェーンを実装し、現在主流のBTC、ETH、LTC、DOT及びその他の主流資産のクロスチェーン保管とトランザクションをサポートし、秘密鍵のシャーディングテクノロジーは資産のセキュリティを向上させ、チェーン上の資産をより安全にさせている。

同時に、ホビットパブリックチェーンはクロスチェーンDEX SaaSサービスも開発し、分散型OTC機能を提供し、NFT資産トランザクションをサポート、かつオープンマルチレイヤーAPIプロトコルを介した二次開発に対する、多くの参加者のニーズにも応えている。 HBTCチェーンの技術開発は、すでに米国のBluehelix分散型鍵生成特許を取得した。現在、ユーザーはHBCを保持することでHBTCチェーンノードを申し込むことができる。(詳細はhttps://hbtcchain.io/?lang=zh-cn)。

ホビット HBTC 取引所は常に自己主導型として、技術革新の探求に努めており、より多くの実用化アプリケーションの開発を促進することに取り組んできた。今回ホビットHBTCとHeliumの戦略的提携は、ブロックチェーン業界の今後の動向を考察するにあたって、重要な意味があると思われる。


本件に関するお問い合わせ
HBTC.com:www.hbtc.com
Bluehelix Cloud: https://www.bluehelix.cloud/en-us/
HBTC Chain: https://hbtcchain.io/en-us
Business Cooperation: globalbd@hbtc.com

本記事はプレスリリースです。 コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本ページにおけるいかなる内容、正確性、品質、広告宣伝、商品、その他の題材についても、それを支持するものではなく、またそれらについて責任を負うものではありません。読者諸氏は、当社に関連したいかなる行動についてもそれを起こす前に、自身による調査をすべきものとします。コインテレグラフおよびコインテレグラフジャパンは、本稿で言及されたいかなる内容、商品、サービスについても、それを活用または信用したことにより生じた、あるいは活用または信用したことに関連して生じた、もしくは生じたと申立てされる、いかなる損害や損失に対しても、直接的あるいは間接的な責任を負わないものとします。また、当リリース・PR記事における外部リンクには出稿社・代理店による計測リンクを含むことがありますが、弊社による収益化を目的としたアフィリエイトリンクではありません。

コインテレグラフジャパンの公式ツイッターをフォロー