Gorgona.io / 仮想通貨投資での新たなるオデッセイ

この数か月の間、毎日3~5%の投資収益を謳うスマートコントラクトに基づく多くのプロジェクトが登場した。

そのうちのいくつかは、かなりの短期間に数百万ドルの金額を回収している。

そのようなプロジェクトは、イーサリアム(ETH)のスマートコントラクトに基づいて構築されており、それらの主な特徴は所有権と高所得を完全に拒否していることだ。ネットワーク上でスマートコントラクトを公開することにより、プロジェクトのオーナーは日々の作業の進行に影響を与えられなくなる。スマートコントラクトはそれ自身で動くことになる。

この現象はかなり一般的になり、インターネットはそのような種類の広告で満たされている。Youtubeのブロガーは、新しいプロジェクトや潜在的利益について声を荒げている。

そのようなプロジェクトがポンジスキーム(ねずみ講)で動いていることを理解する必要がある。しかし彼ら自身もそれを公言し、自らのことを「ピラミッド」と呼ぶことをためらっていない。

理論的には、このような振舞いはブロックチェーンのコミュニティにとって非常に興味深い傾向だ。より慎重に見てみると、利益を上げる可能性がある。しかし、スマートコントラクトのコードがオープンソースであり、所有者がユーザーの投資のすべてを盗むことができる「バックドア」はない。本質的に、スマートコントラクトにイーサリアムの残高がある限り、支払うと合意しているコンピュータと取引するようなものだ。

利益を見積もる方法

ここで理解すべき最も重要なことは、スマートコントラクトが義務を果たすためにどのくらいの期間が必要かということだ。その指標は、コントラクト(契約)が名目的に(投資を除いて)過去に支払っていた期間で見積もることができる。

一例として、まず20日間だけ名目上配当を支払うことができるプロジェクト(しかし投資の見返りを得るには正確には30日が必要)を想像してみる。直接の見積もりでは、あなたがお金を失うのは明らかだ。

そして、過去の見積もりをしてみる。3週間前、スマートコント楽は25日の「安全マージン」を持ち、昨日は22日だった。こ